2017年12月06日

821 修学旅行の結団式


 昨日、修学旅行結団式が多用途ホールにて実施されました。ST・Sコース119名全員参加での修学旅行となりました。行事等は、出来る限り生徒主体にした運営で、今回も修学旅行実行委員が司会進行して進めました。
IMG_9937.jpg






 決意表明は2年1組阿部君が代表して「119名全員が主体的に行動し、異文化を一人ひとりが課題に対ししっかり向き合い乗り越えて多くの学びをして帰国します。明日は笑顔で全員が集合することを約束します」と堂々と立派に宣言してくれました。頼もしく感じました。

 私から「これまで事前準備をしてきた修学旅行が明日からスタートします。皆さんの中には、ワクワクした気持ちとどんなに準備しても不安を感じているかと察します。修学旅行に参加できることが「当たり前」としか感じていない生徒もいるかと思います。保護者の皆さんの理解と援助があってのことであり、また、皆さんが心身健康なこと。また、修学旅行実施計画を準備してくれた諸先生、日本旅行スタッフの協力があってのことです。119名一人もかけずに全員参加は大変素晴らしいことです。このような環境を整えられたことに感謝します。
IMG_9899.jpg







 カナダの修学旅行は、科学技術の急速な進展にあるからこそ、特に五感(目,耳,鼻,舌,口)を研ぎ澄ますこと。日本にいるときと違い、不自由なこと、不便なことを体験しながら自分自身を見つめる機会になることを願っています。是非、皆さんの中に眠っている「良い遺伝子がON」になることを期待します。
 若いうちに異文化の体験は、きっと生涯の財産になるはずです。それも皆さんの心がけ次第です。「楽しい」受動的修学旅行でなく、「楽しむ」能動的な修学旅行にして下さい。
規律を守り,節度をもったうえでの自由を満喫しながら,この修学旅行が意義のある思いで深いものとなることを願って私の話は終わります。
 
 STコース主任から、具体的で適切な説明があり、特に緊急時の対応の確認をしました。私は研究授業に参加するため、途中で退席しました。前回の保護者会で約束したブログは、できる限り修学旅行期間は毎日、気づいたことを徒然なるままにUPします。安心安全を心掛け、生徒をしっかり引率団でサポートしますので安心してください。生徒の自立のためにも修学旅行期間中はライン等の連絡はご遠慮してください。(自立を養成する目的)
 宜しくお願いします。
posted by 中原 昭 at 09:22| 徒然日記

2017年11月20日

820 祝・第96回全国高校サッカー選手権茨城県大会優勝

 サッカー部が、第96回全国高校サッカー選手権茨城県大会の頂点に立つことができました。優勝おめでとうございます。今年のチームは、堅守からの多彩な攻撃でチームバランスがとれている感じをうけました。また、ピッチに立つ選手の体が鍛え上げられ研ぎ澄まされカッコ良く映りました。
IMGP9054.jpgIMGP9055.jpg





第96回大会は、県内の1次予選を突破した26校とシード校15校の41校で全国大会の出場権を競って10月21日に開幕、昨日19日が決勝戦の日程で熱戦が展開されました。
 本校は、2回戦総和工業高校に10対0、3回戦佐和高校に9対0、4回戦水戸工業高校に4対0、準決勝鹿島高校に2対0、昨日の決勝戦水戸啓明高校に2対0で勝利し優勝を獲得しました。
IMGP9061.jpgIMGP9062.jpg






 昨日の決勝戦は全校応援とし,バス19台でカシマスタジアムに乗り込みました。サッカーは12番目の選手としてのサポーターが大切とよく言われます。ピッチに立てなかった選手がスタジアムの通路で応援練習している姿に熱く燃える気迫を感じ今日はやってくれると直感しました。
IMGP9063.jpgIMGP9065.jpg







 決勝戦の試合は、水戸啓明のスピードとテクニックに前半は主導権を握られましたが、しっかり守り相手にスキを与えないしぶとさを発揮し、前半のロスタイムにフリーキックからDF高島君が見事なヘディングシュートを決めて前半を終了しました。後半は、徐々に明秀スタイルになりMF荒井君がヘディングシュートでゴールを奪い試合終了。終了ホイッスルが鳴った瞬間、選手、サポーターの歓喜にスポーツでしか味わえないものを共有しました。
IMGP9066.jpgIMGP9069.jpg






 よくぞ優勝したサッカー部、おめでとう。サッカー部を始め明秀学園を応援してくれています関係者の皆様にも心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
 サッカー部諸君には、茨城県代表として全国大会でも臆せずに堂々と明秀サッカースタイルを貫いて頂きたい。12番目の選手としてこれからも応援し続けます。よろしくお願いします。
posted by 中原 昭 at 11:59| 徒然日記

2017年10月30日

819 祝・野球部秋季関東大会報告会

 野球部秋季関東大会報告会を急遽生徒会の特別活動係が中心になり動いてもらい、本日の1時間目、全校生徒(1080名)を体育館に集合し野球部の健闘を讃える報告会を実施しました。
IMGP8928.jpgIMGP8941.jpg






 生徒会長成島君が「素晴らしい成績を挙げられ誇りに思う」と挨拶をし、私からは「この大会に4回出場のうち、3回(実力は十分にあったチーム)は初戦突破が出来ずに何か呪縛に取り憑かれているように感じていた。今回は、台風21号などの影響もありスケジュールが大幅に変更され、体調管理も大変な中、山梨学院、健大高崎、慶応高校と破り、決勝も中央学院と互角に戦い粘り強く最後まで戦い抜いた結果、僅差で破れはしましたが関東大会準優勝と立派な成績を挙げ、その戦いぶりを含め誇りに思います。全校生徒も文武において野球部の刺激を受け、各自の目標に最後まで諦めずに可能性を追求しよう。また、選抜に選ばれるような「品格」を備えた学校を目指そう。」と鼓舞しました。
IMGP8951.jpgIMGP8961.jpg







 野球部長神永からは「勝ち進むごとにチームの結束が強くなり日に日に生徒が成長する姿を目にし逞しさを肌で感じました」と報告。
IMGP8974.jpgIMGP8966.jpg






 野球部の主将増田君、細川君、池田君などが大会を振り返り全校生徒の前で堂々と報告し、在校生は聞き入っていました。
HHH.jpgIMGP8983.jpg








 急な報告会にも拘わらず、生徒会を中心にしっかり運営が出来て、自分のことのように喜びを共有できたことも評価します。お疲れ様でした。
posted by 中原 昭 at 12:16| 徒然日記

2017年10月27日

818 第70回秋季関東高校野球大会4強入り→慶応高校に大逆転で勝利し決勝へ

 第70回秋季関東高校野球大会は神奈川県のサーティーフォー保土ヶ谷球場などで10月21日(土)から開催されました。大型台風21号の影響で22日(日)が中止となり応援計画もすり合わせが出来ずにいました。
ooo.jpg







 23日山梨学院と対戦し7対3で快勝、関東大会4回出場して初の一勝を挙げることができました。長い長いトンネルを抜け出すことが出来き、呪縛から解き放されたような感じをうけました。
tttt.jpg







25日は、予定を変更し応援に駆けつけるため日立市を午前8時に出発し高速道路に乗って間もなく携帯に連絡が入り中止とのことでUターンさせられました。仕切り直しで26日の対戦となりました。健大高崎高校は、思い起こせば昨年1回戦で対戦し思わぬ大敗を喫した強豪校です。
yy.jpg







その雪辱に部員は闘志をみなぎらせての対戦となり、7対5で競り勝ち見事に関東秋季大会4強入りすることが出来ました。監督さんを中心に部員が一丸となって明秀日立の「攻撃野球」をブレずに貫いた結果だと思います。野球部諸君、本当によく頑張ってくれました。今日27日は慶応高校との対戦です。更に高みを目指すことを期待しています。
bbbb.jpg







<この写真記事>この春卒業し横浜ベイスターズのドラフト5位で入団した細川君の兄もCSで活躍し、その刺激を受けたのか弟も明秀日立のエースとして頼もしく成長を遂げています。

追加
<速報>大逆転で決勝に進出です。おめでとう。

明秀学園日立(茨城1位)
120 000 004 =7
100 000 030 =4
慶應義塾(神奈川2位)
 ※ 9回明秀日立、8番北野の逆転タイムリーと1番増田のだめ押しツーランホームランで一挙4得点で大逆転。

  明秀学園日立高等学校関係者の皆様の心温まるご支援ご協力の賜であります。ありがとうございました。引き続き応援宜しくお願いします。
posted by 中原 昭 at 11:44| 徒然日記

2017年10月16日

817 明高館増築工事の起工式

IMGP8765.jpg 





 
 10月11日、午前10時から明高館増築(高萩市石滝)工事の起工式を開催しました。起工式は、土木・建築などの起工に先だち、その土地の神を祭り、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式です。工事関係者にとっては安心して工事を行うための必須の行事ですし、施主(理事長小野勝久)にとっては、その土地でこれから数十年住んでいくため、土地の神に挨拶をする大切な行事であり、生徒の安全祈願を第一に実施しました。
IMGP8769.jpg







 参列者は、高萩市、石滝団地自治会代表、PTA代表、日木産業(株)、明秀学園日立高等学校理事会、教職員代表の27名。施主の小野理事長から「工事の安全と生徒がこの明高館寮で、心身共に健康で一人一人の能力が開花でき、生涯の心の友になるような『館=道場』となることを願っています。」と締めの挨拶で無事に起工式を終えました。
 明高館の増築完成は来年の3月10日、増築定員は72名で総定員数は192名となります。
posted by 中原 昭 at 11:39| 徒然日記

2017年10月12日

816 賞状伝達

(1) 実用数学技能検定 2級合格
2年2組 佐藤 一輝
3年2組 島 和華奈 富松 優花 根本 紗妃
IMGP8823.jpg





(2) 野球部 第70回秋季関東地区高等学校野球茨城県大会 優勝
代表 2年11組 長尾 巧2年8組 池田 陵人2年10組 細川 拓也

(3) ソフトテニス部 平成29年度茨城ハイスクールサマーカップ 第3位
2年5組 遠藤 亮太1年5組 岡野 太壽

(4) 陸上競技部 平成29年度茨城県高等学校陸上競技新人大会
男子200M 第8位 2年11組 森 亮輔
男子110Mハードル 第4位 2年5組 針 泰輝
男子4×100Mリレー 第1位 2年11組 森 亮輔2年5組 八重樫 恵祐2年7組 佐藤 僚馬2年9組 遠藤 稜生
男子三段跳び 第4位 2年1組 秋元 堅吾
男子円盤投げ 第1位 2年2組 今井 慎太朗 第2位 2年5組 八重樫 恵祐
男子砲丸投げ 第7位 2年2組 今井 慎太朗
男子やり投げ 第7位 2年5組 松本 侑己

男子総合 第6位
IMGP8831.jpg







(5)卓球部 平成29年度全日本卓球選手権大会ジュニアの部茨城県予選
男子シングルス 第1位 1年7組 竹内 陽介 第2位 1年9組 久保 凪
男子ダブルス
第1位 1年7組 竹内 陽介1年9組 久保 凪
第3位 2年6組 鈴木 涼太1年6組 齋藤 将平

IMGP8866.jpg






(6) コンピュータ部
第17回毎日パソコン入力コンクール 日本語B 高校生の部 優勝 茨城県知事賞受賞
2年2組 海老澤 未夏
第31回全国パソコン技能競技大会 日本語スピード競技の部 個人 佳良賞
2年1組 神代 遥
第49回パソコンスピード認定試験 初段合格
1年1組 酒井 映恋

(7) 吹奏楽部 第57回茨城県吹奏楽コンクール 高等学校の部A部門 銀賞
代表 3年5組 板倉 広大
   2年4組 鈴木 詩織
IMGP8839.jpg







(8) 書道部 
第46回全国高校書道展 
推薦賞 2年7組 木田 みのり
準特選 2年8組 稲葉 諒
2年6組 阿部 悠梨花
入選  1年4組 豊島 彩夏 佐久間 琳

第18回高校生国際美術展 書の部
佳作 2年8組 稲葉 諒 2年6組 阿部 悠梨花

第33回高円宮杯日本武道館書写書道大展覧会 毛筆の部
日本武道館賞 2年7組 木田 みのり2年8組 稲葉 諒 2年6組 阿部 悠梨花
大会奨励賞  1年4組 豊島 彩夏 佐久間 琳
特選     1年5組 梶山 美桜1年6組 齋藤 優里 1年2組 下山田 晴奈

posted by 中原 昭 at 18:52| 徒然日記

815 後期クラス正・副委員長認証式

IMGP8785.jpg




『STコース 3年』
1組 渡邉 楓香
大島 渚沙
2組 富松 優花
黒沢 和希
『同じく2年』
1組 大友 海月
荒井 花穗
2組 吉村 隼一
皆神 奏太
『同じく1年』
1組 笹本 奈柚
紺野 未結
2組 白土 莉々
大場 萌々香
『STコース代表,2年2組,吉村 隼一』

『Sコース3年』
3組 田所 佳吾
酒井 大輝
4組 飯塚 さくら
関山 航平
『同じく2年』
3組 佐藤 賢吾
和田 拓己
4組 鴨志田 早織
寺門 大翼
『同じく1年』
3組 兼子 侑大
安島 早弥香
4組 若林 優斗
森 仁丸
『Sコース代表,3年4組,飯塚 さくら』

『Aコース3年』
5組 土田 大樹
齋藤 陽
6組 星 翔流
黒澤 彩
7組 若松 祐斗
原 光貴
8組 近藤 僚介
生方 智也
『同じく2年』
5組 針 泰輝
嶋ア 唯
6組 新妻 大弥
根本 導彦
7組 堀口 直哉
根本 尚弥
8組 森本 健太郎
會澤 蒼
9組 木 優
津田 蒼太
『同じく1年』
5組 滝 あねむ
中島 萌絵
6組 小野 男樹
松本 壱瑳
7組 長谷川 一樹
青柳 愛基
8組 大山 晟那
佐藤 嵩大
『Aコース代表,2年9組,木 優』

『Bコース3年』
9組 中田 勇之介
橋 真
10組 飛田 隆博
佐藤 綾香
『同じく2年』
10組 太田 涼菜
飯塚 翼
11組 長尾 巧
吉成 彩花
『同じく1年』
9組 鈴木 眞斗
渡辺 吏
10組 鈴木 響
川田 瞳刀
『Bコース代表,3年9組,中田 勇之介』

後期の正-副委員長さんの認証が無事に終えました。

承認された正・副委員長は、クラスを纏め良い環境で学校生活を送れるように努力をお願いします。当然、正・福委員長さんだけが頑張っても中々クラスを纏めることは難しいです。 困難なこと,辛いことの場面もこれから沢山あるかと思いますが、仲間を信じ職責を果たして頂きたい。
何故、人間は、集団を形成して学習をするのか。大抵の人間は、個人の力だけでは限界があります。クラス → チームとなると30人のクラスであれば、31にも35にも総合力がUPします。
「TEAM」の頭文字をとって説明します。
T・・・Together
E・・・Everyone
A・・・Achievment
M・・・More
「皆で(Everyone) 一緒になって(Together)より多くのこと(More) 達成するAchievment」チームの意味と考えます。
共通の目標のもとに、ひとりひとりが役割と責任を果たすことで一丸となって取り組めば、一人で行うことより、はるかに大きな成果を上げることができるからです。
各クラスで「チーム力を高めるように一人一人が心合わせをしてください」

その第一歩が、明日の体育祭です。期待しています。
IMGP8869.jpgIMGP8897.jpgIMGP8894.jpgIMGP8882.jpgIMGP8875.jpgIMGP8870.jpgIMGP8874.jpg


















 ◎体育祭は、高萩キャンパスの人工芝の上で、全校生徒1080名がクラスT―シャツを着て、普段では見られない笑顔、笑顔の中、秋晴れの爽やかな一日を過ごすことができました。真剣勝負のクラス対抗リレー、部活動対抗リレーなどは迫力ある走力を見せて頂き、台風の目やコーラの一気飲みなど楽しいゲーム感覚の競技もありました。何といっても、先生が生徒の競技に一緒に参加し汗を流している姿を見るにつけ「明秀チーム」の絆の強さを実感しました。
 何気なく生徒に声をかけたら、「伸び伸びと競技ができ、思い切り楽しめた最高の日。」と感想を聞いたとき高萩キャンパスに体育祭を移して良かったと思いました。
 PTAの皆さんには、朝の登校指導や駐車場の確保、仮設トイレの支援など大変お世話になりました。お陰様で高萩キャンパスで体育祭を実施して4回目ですが、運営など年々体育祭全体の質が向上しているように私は感じています。また、運営に当たって頂いた、体育委員、運動部員、体育科を中心とし、全ての先生方に感謝いたします。ありがとうございました。

posted by 中原 昭 at 17:58| 徒然日記

2017年10月09日

814 「第178回茨城掃除に学ぶ会 明秀学園日立高等学校大会

 10月8日(日)NPO法人日本を美しくする会による「第178回茨城掃除に学ぶ会 明秀学園日立高等学校大会」が本校と高萩キャンパスで開催されました。参加人数は総勢133名。本校は12班、高萩は3班に分かれての活動となりました。昨年に続いて2回目ですので、多少、心の余裕がありました。
IMGP8695.jpgIMGP8687.jpg






開会セレモニーがあり実行委員長小祝様から「掃除に・・掃除をでは無いことの挨拶から、学校をお借りして掃除をさせていただいているという謙虚な姿勢や年齢や社会的地位にとらわれることなく公平に仕事分担をしていく姿勢、道具の大切さや段取り力の凄さなどに感動しました。」
IMGP8691.jpg






 約2時間生徒と心地よい汗をかき恒例のカレーを頂きました。閉会式は、恒例の班代表が体験談の発表がありました。概ね「正直、最初はトイレか・・・という負の面もありました。みんなと便器を掃除しているうちにその感覚もなくなっていったこと。表面上奇麗になっているところでも汚れは残っているところに気づかされ見えないところまで徹底してやることで創意工夫が生まれたことです。夢中ですることで心の垢も取れたようで気持ちが良かった」との意見が大半でした。運動部・文化部の生徒のほかに、一般生徒やPTAの役員さん以外の参加もあって徐々に「何故、トイレ掃除か」が浸透しているのかなと前向きに捉えています。
IMGP8699.jpgIMGP8697.jpg






 今日一日お疲れ様でした。感謝。感謝。
 IMGP8639.jpgIMGP8646.jpg






 私は、先月「日立工業専修学校における茨城掃除に学ぶ会」にも参加させていただき、生徒のキビキビした動きに感動し、その先頭に先生方の「日立の技術」を誇れるためにも生徒一人一人の心磨きがあってのことを理解してほしくて実践していることに敬服致しました。その節はお世話になりました。
posted by 中原 昭 at 10:44| 徒然日記

2017年10月02日

813 後期始業式

 後期始業式に当たり、9月末、生徒の活躍に目を見張るものがありますので、その称賛から始めたいと思います。
1 昨日、秋季県大会で霞ヶ浦高校を破り見事、2連覇をしました野球部の皆さん全員起立してください。
「優勝おめでとう。関東大会での活躍を期待します。」<拍手>
2017秋の大会新聞記事.jpg








2 陸上競技部全員、起立してください。
 「男子県北大会総合2位見事です。そして、県大会男子400mリレー優勝、円盤投げの優勝と素晴らしい成績を残してくれました。優勝おめでとう。」<拍手>

3 愛媛国体の茨城代表になった者
・ 女子ゴルフ部 平塚、高久さん
・ 男子卓球部の 小久保君
・ サッカー部の津村君
居ましたら起立してください。<報告>
IMGP8658.jpg







 本校から茨城を代表して3部、4名が選出されたこと、また、男子卓球監督に芦間先生が任命されたことを報告します。我校の誇りです。<拍手>

4 吹奏楽部及び支援した生徒起立してください。
 初のオータムコンサートの開催にあたり、生徒自らの企画・運営をして日立シビックセンターで開催。250名の観客を集め、聴衆に感動を与えたとの報告を聞いています。大変立派です。ありがとう。<拍手>

 この他にも、パソコン同好会が全国大会に出場し活躍してくれました。また、創立90周年記念として、フレンドシップ提携をしたバーンサイド高校より9月22日から5日間本校を訪問してくれました。生徒6名、先生2名です。その受け入れに、ホストファミリーを引き受けてくれた生徒及び先生に感謝いたします。ありがとうございました。<拍手>

 日本語には良い言葉があります。「お陰様」このお陰さまの陰は祖先です。
学校で言えば、これまでの伝統を築いてくれた先輩のお陰であって、今の「明秀日立」の活躍があることを忘れてはなりません。
 本校は、5年間のアクションプランに基づいて運営してきました。教育目的は「品格ある進学校」「生き抜く力の育成」「面倒見のよい安全安心な学校」を三本の柱に据えて「県北の明秀から全国区の明秀へ」を目標に学園の総力をあげて取り組みました。簡単に年次ごとに説明します。

2013年度、アクションプランM’2017スタート 新学習指導要領施行 高萩キャンパスに男子寮「明高館」を新築。初めて大阪大学に合格。

2014年度は運動部の大活躍(女子ゴルフ部創設、女子バスケ県3冠、サッカー総体準優勝 野球秋季大会準優勝 ソフト部新人大会優勝)、ST・Sコース語学研修型修学旅行、A・Bコースは体験型修学旅行

2015年年度 校舎のリニューアル、90周年記念式典挙行・90周年記念誌の発行、高萩キャンパス2号棟改修、オーストラリア州立バーンサイド高校とフレンドシッププログラム提携、運動部の大活躍(女子ゴルフ個人でIMGA世界ジュニア選手権日本代表 全国高校総体に団体4部・個人1部が出場、野球部が夏の選手権大会で準決勝進出、サッカー部県2冠で初の全国選手権大会出場、女子バスケ県3冠) 初の東北大学合格 国公立大学合格者39名

2016年度 制服改正、コース主任制導入、2学期制に変更、高萩キャンパスに野球場竣工、野球夏季県大会準優勝・秋季県大会優勝、サッカー県新人戦で初の優勝、高卒で本校初のプロ野球選手誕生、初の東京工業大学・慶應義塾大学合格、国公立大合格者72名

 今日は「解のない時代」といわれています。政治に目を向けると安倍首相が衆議院の唐突な解散総選挙に・・・。誰もが予想もしない小池都知事が「希望の党」を旗揚げし混迷しています。アメリカ大統領の言動、EUのポピュリズムの台頭、北朝鮮の核ミサイルの発射など日々の生活に不安が広まっています。

「今」私たちに何ができるか。
 私は、一日一日を丁寧に生きることではないかと考えます。
「凡事徹底」当たり前のことを当たり前に、コツコツ、コツコツと焦らず、諦めないで、最後まで遣りきる気力ではないでしょうか。その先により良い未来が開かれると思います。

 全校生徒の皆さん。
「感奮興起」→ 自分もうかうかしていられない・・・。「今、勉強、スポーツ、特別活動等やらずしていつやる。」

「気概」を持って皆さんと共に充実した後期にしていきましょう。
posted by 中原 昭 at 17:09| 徒然日記

2017年09月23日

812 Burnside High School スタディーツアーについて

 昨日、フレンドシップ提携を結んでいるオーストラリア・バーンサイド高校から「スタディーツアー」として来校しました。期間は9月22日(金)〜27日(水)の5日間です。
受け入れ人数は男子生徒2名、女子生徒4名と教員2名です。バーンサイド高校生の滞在は下の通り本校生徒と教員が受入れてくれました。バーンサイド高校の先生方は日立駅前のホテルに宿泊します。
IMGP8631.jpg





 22日の4時30分に本校に到着。応接室で顔合わせをして、国際交流係の福地とダフィーがスケジュールの再確認をしてくれました。その後、校内を内覧して頂き本校の雰囲気を掴んで貰いました。午後6時、ホストファミリーの保護者が来校され、初対面の挨拶を交わし、三々五々生徒と一緒に帰宅しました。

 今日(23日)は通信制の後期卒業式を挙行するため午前10時に本校の正門をくぐりましたら、国際交流係の福地とダフィーが居て、これからバーンサイド高校の先生方を県北や福島県いわき市の水族館などを案内し、午後4時頃には湯本温泉に宿泊するためのガイドをするとのこと。「大いに楽しんで来るように・・・」と送り出しました。各家庭で週末をバーンサイド高校の生徒さんがどのような週末を過ごしたのかを聞くことがとっても楽しみです。
IMGP8635.jpg






IMGP8630.jpg






 
◎ホストファミリー受け入れ生徒・先生方
2年2組 萩原 瑞樹 ・・・Grace Comnee(グレース コンメ―)
2年3組 熊谷 沙羅 ・・・Hannah Biles(ハナ バイルズ)
2年4組 藁谷 菜未  ・・・Eloise Pollock(エルイズ ポロック)
          Kalila Matthews(カリラ マッチューズ)
1年3組 土屋 拓巳 ・・・Jack Vellacott(ジャック ベラコット)
高橋とダフィー宅 ・・・Thanabadee Akanitin(タナバディー アカナティン)

☆9月25日(月)通常授業

☆9月26日(火)日本語レッスン・生徒ボランティア
バーンサイド高校生徒6名に対してバディとして付け,日本語を教えるサポートをする。

ボランティア参加生徒
1h生徒
1年1組 樫村慧子,近藤咲月,坂元愛実,笹本奈柚,佐藤華子,渡辺琴美(6名)

2h生徒
2年1組 小平詩織,根本菜々子,緑川遥香,阿部駿(4名)
1年2組 椎名紫音,神代一葵(2名)
posted by 中原 昭 at 12:35| 徒然日記

2017年09月22日

811 第1回吹奏楽部オータムコンサートが9月30日開催

 第1回吹奏楽部オータムコンサートが9月30日(土)日立市シビックセンター音楽ホールにて午後2時(開場午後1時30分)より開演することが決まり、部員一同張り切って活動しています。お忙しい中、時間を割いていただき多くの方にご来場頂ければ幸いです。
 今年度吹奏楽部の活動方針は出来る限り生徒が主体的に自ら課題を発見し解決する自主自立を育成することを主眼にして活動してきました。急な活動方針の転換に、生徒・保護者の間には戸惑いや不安も生じ、その間には様々な壁を乗り越えなければならない試練もあったかと推察いたします。生徒を信じ、生徒の可能性を最大限に引き出したのも生徒自らのことです。その結果は、創部9年目にして初のA部門コンクール吹奏県大会に出場し参加21校の中で銀賞(12位)を受賞することができ「諦めなければ夢に近づくことができる」と生徒人ひとり実感したことと思います。
DSC_8094.jpg








 今回のオータムコンサートも生徒の発案で、企画・予算・運営に至るまでしっかり準備して学校に提案が成され、その熱意に学校、PTA役員も心を動かされ実施の運びとなりました。初のオータムコンサートは、これまでの練習成果の集大成と上級生から下級生に明秀サウンドを継承する機会と捉えての運営となります。部員−人ひとりの更なる技術力向上を目指していることは勿論、吹奏楽にかける想いを「結晶」させたコンサートに完成させるよう部員が一丸となって努力してきました。まだまだ、未熟な面も多々あるかと思いますが、生徒たちが真心を込めて奏でる音色は、その想いの強さによって必ずや皆様の琴線を揺さぶるものと思います。どうぞ温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。ご来場をお待ちしています。
posted by 中原 昭 at 14:20| 徒然日記

2017年09月14日

810 祝・県北地区陸上競技大会で男子総合2位

 茨城県県北地区陸上競技大会が「池の川陸上総合競技場」(9/3、9/6〜9/8)にて開催されました。
今年から男子は渡邊好一顧問、女子は眞ア翔大顧問と新たな指導者でスタートをしました。4月当初は生徒には戸惑いがあったかと思いますが、徐々に新顧問との連携がとれてきたこともあり、今回の県北地区大会では男子総合2位と目を見張る成績を上げてくれました。
入賞した生徒全員に校長室に来ていただき、結果の報告と県大会に向けての決意をキャプテンにして頂き、私から更なる高みを目指すように激励しました。(生徒のコメントも頂きましたので掲載します。)
IMGP8627.jpg






尚、9月28日  石岡運動公園陸上競技場
9月29日〜10月1日 ひたちなか市総合運動公園陸上競技場

県大会上位3名
関東選抜新人大会(10月21日〜22日 東京都)
上記の日程で開催されますので応援宜しくお願い致します。

○男子100m
2位 森亮輔【11”30(±0)】
3位 遠藤稜生【11”44(±0)】
4位 八重樫恵祐【11”50(±0)】
○男子200m
3位 森亮輔【22“56(+0.5)】
4位 遠藤稜生【22“59(+0.5)】
7位 川上大輝【24“00(+0.5)】
○男子400m
4位 長沼泰成【54”08】
○男子800m
5位 高久大優【2‘09”48】
○男子110mH
1位 針泰輝【16”13(+1.6)】
○男子3000mSC
6位 大内瑠晟【10‘36”15】
○男子4×100mR
1位 森亮輔−八重樫恵祐−佐藤僚馬−遠藤稜生【42”87】GR
○男子4×400mR
2位 長沼泰成−八重樫恵祐−佐藤僚馬−遠藤稜生【3‘29“10】
○男子走幅跳
1位 秋元堅吾【5m96(+0.4)】
3位 長沼泰成【5m82(+0.7)】
8位 安島英良【5m53(±0)】
○男子三段跳
1位 針泰輝【12m33(+0.1)】
2位 秋元堅吾【12m27(+1.2)】
○男子砲丸投
3位 今井慎太朗【11m04】
5位 松本侑己【9m10】
○男子円盤投
1位 今井慎太朗【41m40】GR
2位 八重樫恵祐【40m50】GR
○男子やり投げ
3位 松本侑己【47m89】
5位 原田翔斗【29m10】
男子総合 2位 131点
○女子走幅跳
6位 倉持志帆【4m40(+1.0)】

女子総合 9位 3点
●一言
【松本侑己】2−5
やり投げで自己ベストが出たけれでも県では通用しないので練習から大会をイメージしてやっていきたいです。
【森亮輔】2−11
これからも応援よろしくお願いします。
【遠藤稜生】2−9
県大会でいつも通りの走りをして関東大会に行きたいと思います。
【佐藤僚馬】2−7
今回は400mリレーで大会新記録で優勝できましたが、これは通過点として、県大会で優勝して関東大会出場を決めたいと思います。
【八重樫恵祐】2−5
県内とか地区内ではなくて、関東大会のトップで戦えるように頑張ります。
【長沼泰成】2−7
マイルは2位でとても悔しい思いをしたので県大会ではリベンジを果たしたいです。
【針泰輝】2−5
県北大会では調子がよく、2つの種目でベストがでてよかったです。県大会でそれを超えられるようにこれから練習に取り組みます。
【今井慎太朗】2−2
自分は日本ユース参加標準記録の42m以上を狙っていたが、今回大会新で優勝することができ本当に嬉しい。
【秋元堅吾】2−1
いい順位をとることができてとても嬉しいです。県大会もこの調子で関東大会出場を目指し、頑張ります。
【高久大優】2−1
5位入賞はしましたが、まだまだ改善の余地はあると思うので、県大会では自分が今できる最高のパフォーマンスをできるよう頑張ります。
【大内瑠晟】2−3
地区は納得のいかないレースだったので県に向けてしっかり調整し、県大会では自分の最大限の力を発揮できるように頑張ります。
【川上大輝】1−9
県大会までの練習の日々を大切にしていきたいです。
【原田翔斗】1−7
地区新人では自己ベストがでたけれどその結果に満足する事なく県大会ではそれより上を目指して頑張りたいです。
【倉持志帆】1−6
今回の大会で自分の足りなかった点やこれから改善するべき課題がたくさん見つかったのでそれを中心に県大会に向けて日々の練習を頑張っていきたいです。


posted by 中原 昭 at 11:08| 徒然日記