2018年03月02日

842 平成29年度全日制課程卒業式 式辞

式辞

 春に先駆けて白梅が咲きはじめた今日の佳き日に、明秀学園日立高等学校の卒業証書授与式を挙行できますことは、深く喜びとするところであります。
 本日は、ご来賓の方々、PTA及び同窓会の関係各位、そして多数の保護者の皆様方には、早朝よりご臨席を賜り厚く御礼申し上げます。
 ただ今、卒業証書を授与いたしました325名の卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。また、保護者の皆様には、心からお慶び申し上げます。
この三か年の間、本校の教育方針をご理解いただき、物心両面にわたり多大のご協力を賜りましたこと教職員を代表いたしまして厚く御礼申し上げます。
皆さんは、三年前、希望と期待、そして多少の不安を胸に明秀学園日立高等学校の門をたたいたことと思います。三年間の学校生活で、皆さんはいろいろな経験を通して成長し、今、ここを巣立っていこうとしています。

795.jpg





 思い返せば、皆さんは、入学時は仮設校舎から高校生活を始め、リニューアル校舎に移動、創立九十周年記念式典という歴史の節目に立ち会うこともできました。
IMGP4883.jpg






 最高学年の今年度は、「アクションプラン」の最終年度であり、その目標達成のため学園を挙げて取り組んできました。先が見通しにくい社会にあって「骨太な全人教育」を理念とし@将来にわたり学び続ける力の育成(知育)Aどんな逆境にあっても他者と協同してより良い社会の形成に参加できる主体の育成(徳育)B基本的な生活習慣の確立や運動に親しみ健全な心身の育成(体育)C言い訳をせずに何事にも全力で取り組む姿勢(卓越性の追求)の4つを掲げ、具体的目的として「品格ある進学校」「生き抜く力の育成」「面倒見のよい安全安心な学校」を共通理解に勉学、運動、特別活動などの運営に当たってきました。卒業生の在籍期間は明秀学園の大転換期、日本史で言えば江戸時代から維新を経て明治になるような期間であったかと考えます。この間に運動部の活躍や進学実績の向上なども相まって社会の注目を浴び明秀日立躍進の礎が築き上げられました。
IMGP8294.jpg






DSC_0063.jpg






 全ての運動部の頑張りはありましたが、特にサッカー部が全国高校選手権大会に2度目の出場で大阪桐蔭高校を破り全国ベスト8に輝く快挙を挙げてくれました。野球部も秋季関東大会で見事準優勝を果たし、第90回記念選抜全国高校野球大会に出場が決定し、学園は当然のこと、地域の皆さんが我ことの様に喜んでいただき地域活性化の一助に成っていることにも喜びを感じています。また、卓球部はインターハイ大会女子7年連続、男子4年連続優勝を果たすなど県内では敵無しです。女子ゴルフ部は創部4年目にして全国大会出場を果たしてくれ、1期生がプロテスト一発で合格したことも名誉なことです。
 文化部では、吹奏楽部がA部門に昇格し県大会において銀賞獲得、コンピューター部も全国大会出場を果たし大いに活躍を見せてくれ嬉しく思います。
進路に関しても大きな前進がありました。大学進学は61%と上昇し、就職に関しても内定率が97%を達成し、中身においても警察官や消防士など人命を大切にした仕事を目指す生徒が増えたことも骨太な全人教育が浸透し始めている感じを受けます。
 今年度の進学結果は3月23日を待たないと最終報告はできませんが、ここ数年間は国公立大学や難関私立大学の合格数が大幅に増加し、進学校としての地歩を固めています。今年のセンター試験受験者は127名、後期国公立大学試験の終了まで気を引き締めて目標実現のために最後の最後まで粘り強く受験と向き合い、立ちはだかる壁を乗り越えることを期待しています。
IMGP8769.jpg






IMGP8615.jpg







 進路と運動部の活躍、文と武の両輪が大きな花を咲かせている姿を見せてくれている卒業生の皆さんを私は誇りに思います。今、「明秀日立」には未来に向かって羽ばたく力が充ち満ちています。
しかしながら、皆さんが進む現実の世界は、「解のない時代にさしかかっている」と言われています。
IMGP7811.jpg







IMGP6049.jpg






『think not think』頭で考えられないことを考えることのできる人材が求められる時代となっています。解のない時代に突入しているからこそ、人まねでない、オリジナリティーが大切です。本校のシンボルである白梅のように寒風の中、春に先駆けて咲き、凜として、気品を保ちながら・・・「凡事徹底」当たり前のことを当たり前にして、地に足を着けて、一歩一歩丁寧に歩むことを望みます。
IMGP9039.jpg





 
 最後に、卒業生の皆さんにお願いしたいことが二つあります。それは今日の日を迎えることができたのは、ご両親を始め、多くの人たちの支えがあったお陰であると言うことを肝に命じ、感謝の心を大切にし、誠実に生きてほしいということ。二つ目は、皆さんが学んだ母校の発展の歴史をこれからも見守って支援してほしいと言うことです。
 結びになりましたが、本日ご臨席を賜りましたご来賓並びに保護者の皆様方に心から御礼を申し上げますと共に、皆様のご健勝とますますの活躍を祈念いたしまして式辞といたします。

 平成30年3月1日
 明秀学園日立高等学校校長 中原 昭
posted by 中原 昭 at 09:34| 徒然日記