2018年01月11日

834 全国選手権サッカー部の応援のお礼状・報告会実施について

謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、この度明秀学園日立高等学校サッカー部が2年ぶり2度目の「第96回全国高等学校サッカー選手権大会」に出場するにあたり、教育支援として多大なご寄付を賜り厚く御礼申し上げます。
 関係各位の温かいご支援とご声援を受け、選手たちは全国大会という大舞台で、強豪校にも臆せずに、溌溂と爽やかなプレーを見せ全国ベスト8という輝かしい成果を挙げてくれました。惜しくも準々決勝戦では上田西高校に惜敗しましたが郷土の名誉を高められたと思います。郷土の皆様と一緒に応援できたことはサッカー部員はじめ、全校生徒にとって生涯忘れえぬ思い出となり、人生の大きな財産になりました。
 この第96回全国選手権での経験を糧に、さらに高みを目指すと共に、地域に貢献できる人材育成に励んでいく所存でございます。
 今後とも温かいご指導ご鞭撻をお願いし、教育支援への協力に対して、ここに謹んで厚く御礼申し上げます。
 末筆ながら、皆様の一層のご発展、ご健勝をお祈り申し上げ、御礼のご挨拶といたします。敬白

 
 <報告会>
DSC_0013.jpgDSC_0034.jpg








 本日、サッカー部の全国選手権 ベスト8の活躍に対し5時間目集会を実施しました。主体は生徒会が運営してくれました。生徒代表挨拶は、生徒会副会長針君から「皆さんの活躍は、明秀学園日立の誇りでありに、私達に勇気や感動を与えてくれました。県北地区のみならず全国に明秀サッカースタイルを示してくれました。私達もそれぞれの分野でサッカー部が目標達成したように努力したい。」と挨拶しました。
DSC_0026.jpg







DSC_0068.jpgDSC_0065.jpg




DSC_0057.jpgDSC_0054.jpg





DSC_0050.jpgDSC_0028.jpg





 サッカー部員は、主将の「深見君」「伊里君」「荒井君=優秀選手に選出」「藤田君」「橋本君」などが今大会の心境について感想を率直に語ってくれました。
DSC_0045.jpg






 最後に、萬場監督が、「私達の目指すサッカーは、サッカーという競技を通して人間形成を心がけ、社会に出でも通用する人材を育てることに重きを置いています。プレーは、「皆さんに感動を与えられる試合」「美しいサッカー=芸術的」の追求を永久にしていきます。明秀学園日立高等学校がそれぞれのステージで切磋琢磨して更に学校のブランド力をつけましょう。」とサッカースタッフを代表して話してくれました。感動的話に全校生徒は真剣に聞き入り、心に残る報告会になりました
posted by 中原 昭 at 15:33| 徒然日記