2017年12月11日

827 修学旅行 11日(月) 

2/11(月)
6:30
ホストファミリー
各家庭にて集合場所へ。・すべての荷物(特にパスポート)

IMGP9298.jpg







●ヴィクトリアシタデル
(ホストファミリーとお別れ)

7:30
◎学校交流プログラム
学校交流はSTは石川が代表・Sは私が代表
@7:50 STコース:@Stelly's Secondary School

A8:00 Sコース :AParkland Secondary School

IMGP9286.JPGIMGP9297.jpg







バディと対面しウエルカムセレモニー会場へ
@8:00【ウエルカムセレモニー】
A8:10
@ウェルカムスピーチ
Aサンキュースピーチ
IMGP9315.jpg





急遽、サンキュースピーチをパークランド学校を視察した印象を率直に日本語で話したくなり、高橋(米国で20年生活)に相談し、「大丈夫ですよ」と快諾してくれ実にうまく翻訳してくれました。英語力以上に人間的に素晴らしさを感じました。


Bギフト交換(学校間)
好文亭の米人形を贈呈  

C生徒代表あいさつ
IMGP9314.jpg









8:30
バディとクラスに移動(午前授業参加)
11:30
午前授業終了
12:15
※バディと一緒にランチタイム。バディとクラスに移動(午後授業参加)
IMGP9305.jpg





IMGP7990.jpg






IMGP9307.jpgIMGP9313.jpg







弘道館で6年間修業。6段の腕前の先生(東京オリンピック岡野先生の愛弟子)です。柔道が科目として取り入れられ、世界各国の留学生が学んでいました。柔道は、心の鍛錬でもありカナダにおいても大変人気があるスポーツです。



14:30
午後授業終了
14:40
●クラスごとにバスに乗車・出発

15:00ブッチャードガーデン見学

16:00●クラスごとにバスに乗車・出発

シュワルツベイ
16:20フェリーターミナルにて乗船準備
17:00フェリーにてバンクーバーへ

ツワッセン
18:35フェリー到着後、専用車にて移動
●クラスごとにバスに乗車・出発

夕食
19:20市内レストランにて夕食
IMGP9322.jpg






IMGP9320.jpg






●サプライズがあり、修学旅行期間に誕生日を迎えた2人の生徒に対し、全員で「ハッピー バースディ」の大合唱からスタートしました。
●実行委員の苦労に対し、日本旅行の河合支店長から「特に実行委員の皆さんがいろいろアイデアを出し手助けしてくれたお蔭で、今回の旅行が実り多いものになり言葉では感謝しきれない・・・と熱く語られた手紙とプレゼントを実行委員20名に手渡されました。私は目頭が熱くなりました。」
<20名の名前は、時間の関係で省略します。>
●石川先生からは、119名全員が一人も欠けることなく全行程を遣り切れたことが「真の学校賞である」と生徒一人ひとりを褒めたたえました。全員の心を掴み生徒達は心の深くに記憶がきざまれたことと思います。
●最後に阿部君が日本旅行のスタッフに謝意を表し、拍手が会場全体を包みました。

こんなに温かい、心が一つになった修学旅行の結びを体験でき感動いたしました。
ご苦労された引率の先生方に心から感謝します。

あと1日あります。気を引き締めて修学旅行を終えましょう。







IMGP9320.jpg




ホテル到着
23時 消灯
※パスポート、ポーチの管理
posted by 中原 昭 at 21:37| 徒然日記