2018年03月31日

845 12年間を振り返って

DSC_0288.jpg






 私が校長に就任して12年が経ちました。就任当初、本校の建学の精神「明るく 清く 凜々しく」を受け継ぎ、いかに社会貢献する人材を育成するかに腐心し、粉骨砕身努力してまいりました。思い返せば、就任当初まず心を砕いたことは教職員のベクトル合わせでした。このために『凡事徹底』を掲げて次の五つのことがらを全員で実践しました。つまり、「校歌を大きな声で歌えること」「校章をつけること」「さわやかな挨拶ができること」「整理整頓ができること」「感謝の心を持つこと」です。当たり前のことを当たり前にできること、簡単なようで実は大変なことです。そして、凡事徹底がなされない組織では、いかに優れたビジョンを持ち、立派な目標を掲げたところでそれらを実現させることは不可能です。また、これがなされている学校でこそ、学んだ知識が本物になり、知識が智慧に変換され、机上の知識や理論からは生まれないオリジナルな智慧が醸成されるものです。この取り組みにより、「チーム明秀」の基礎が出来上がり、学校全体に明るさが生まれて、スポーツや進学実績に希望の光を見えてきました。

アクションプランM'2017 最終年度

 学校改革の成果が形になり始めた2013年、教職員が知恵を出し合い策定したのが「アクションプランM'2017」でした。これは具体的な数値目標を掲げて、本校の夢を皆さんに示し、実現を自らの使命とするものでした。当時から本校教育の目標は「骨太の全人教育」の実現でした。先の見通しにくい現代社会において、次の四点を目指して教育しようというものでした。つまり、@将来にわたり学び続ける力の育成(知育)Aどんな逆境にあっても他者と協同してより良い社会の形成に参加できる主体の育成(徳育)B基本的な生活習慣の確立や運動に親しむこと等による健全な心身の育成(体育)C言い訳を探し中途半端であきらめることを潔しとせずに何事にも全力で取り組む姿勢(卓越性の追求)です。このような教育のもとに具体的な目指す学校像を設定しました。それが「品格ある進学校」「生き抜く力の育成」「面倒見のよい安全安心な学校」です。これらの実現のために数値目標を設定し、ベクトルを合わせて教職員一同一丸となって取り組んだのがアクションプランでした。県北地域はけんかでも少子化による生徒減、学校再編が特に激しい地域です。このような地域で私立高校が認知され選ばれる学校となるための具体的条件を網羅してアクションプランは策定されました。その具体的な目標を次に紹介したいと思います。
 全日制課程では東大を筆頭に国公立大学90名以上の合格、スポーツ・文化では全国高校野球選手権大会、全国高校サッカー選手権大会、吹奏楽部東関東大会の出場など「県北地域の明秀から全国区の明秀へ」を目標に生徒募集を含めて教育に励みました。また、通信制課程では「面倒見のよい安全安心した学校」を掲げて、一人ひとりが明るく輝くためのスマイルサポーター制度を導入し、生徒在籍数500名を目標にして取り組みました。全日・通信課程とも策定当初は、かなり背伸びをした数値目標でしたが、学園の総力をあげて取り組んだ結果、個々の数値目標には未達の項目もありますが、当初はまず無理だろうと思われた項目も実現し、目指す方向性に誤りはなかったという確信を得ています。2015年9月には創立90周年記念式典も成功裡に終え、その後も安定した入学者数を確保し、学業、スポーツ文化共に成果をあげています。これは生徒・保護者・教職員のベクトルを合致させることに成功した成果と思っています。次に主な成果を列挙します。
DSC_8094.jpg






<2013年度>
・全日制課程
新入生徒数361名・総生徒数884名
アクションプラM'2017スタート
高萩キャンパスに男子寮「明高館」を新築
初めて大阪大学に合格
・通信制課程
年度末在籍生徒数499名
全国定通体育大会男子バスケットボール部出場
<2014年度> 
・全日制課程
新入生徒数354名・総生徒数995名
運動部の大活躍
(女子ゴルフ部創設・春季大会出場、女子バスケ県3冠、サッカー総体準優勝、
野球秋季大会準優勝、ソフト新人大会優勝)
IMGP9248.jpg







ST・Sコースカナダ語学研修型修学旅行始まる
・通信制課程
年度末在籍生徒数480名
全国定通生活体験発表茨城県代表
全国定通体育大会男女バスケットボール部出場
<2015年年度> 
学園
2号館・別館耐震改修工事完成、90周年記念式典挙行、90周年記念誌出版
高萩キャンパス2号棟改修
・全日制課程
新入生徒数352名・総生徒数1054名
オーストラリア州立バーンサイド高校とフレンドシッププログラム提携
運動部の大活躍
(女子ゴルフ個人でIMGA世界ジュニア選手権日本代表、全国高校総体に団体4部・個人1部が出場、野球部が夏の選手権大会で準決勝進出、サッカー県2冠・初の全国選手権大会出場、女子バスケ県3冠)
初の東北大学合格 国公立大学合格者39名
795.jpg







・通信制課程 年度末在籍生徒数474名 
後期から高萩キャンパス2号棟及びグランドで集中スクーリングを開始
全国定通生活体験発表茨城県代表
<2016年度> 
・全日制課程
新入生徒数397名・総生徒数1065名
制服改正
2学期制に変更
高萩キャンパスに野球場竣工
運動部の大活躍
IMGP9069.jpg








(野球夏季県大会準優勝・秋季県大会優勝、サッカー県新人戦で初優勝、卓球部男 女県新人戦男女団体優勝 高卒で本校初のプロ野球選手誕生
初の東京工業大学・慶應義塾大学合格 国公立大合格者72名
・通信制課程
年度末在籍生徒数543名
全国定通体育大会柔道部男子個人出場
<2017年度 2018.1.31現在>

・全日制課程
新入生徒数382名・総生徒数1097名
IMGP8769.jpg






高萩キャンパス明高館増設(収容定員192名)
運動部の大活躍
IMGP9597.jpgIMG_6759.JPG






(全国サッカー選手権大会でベスト8、野球部が第90回記念選抜大会初出場し2勝しベスト16、女子ゴルフ部全国大会出場・女子プロゴルファー誕生)
・通信制課程
年度末在籍生徒数(年度当初在籍生徒数505名)

アクションプランM'2017最終年度
アクションプランM'2020、そして創立100周年
IMGP8920.jpg






未来の不確実性から日々の生活不安が強まる今日、今求められる教育とは何か?これは私たちに突きつけられている大きな課題です。2025年の創立100周年までには15歳人口の減少、グローバル化への対応、大学入試改革・高等学校教育の品質保証等、教育界の大波がおしよせてきています。この波に押し流されることなく更なる発展を目指して時代や社会の要請に応える教育活動を展開すべく「アクションプランM'2020」を策定しました。これは「M'2017」を精査した内容から、未達項目の再チャレンジと達成した項目のブラッシュアップを図り、明秀学園のブランド力強化を目標としています。私たちはこの期間を先に述べた教育界の大波にむけて学園の基礎体力を蓄える準備期間と位置づけ、新時代に対応するために必要な課題と対応策を検討し、2025年に向けたロードマップを作成します。M'2020はM'2025に大きくジャンプするためのホップ・ステップに当たる行動計画と言えましょう。現代は伝統や前例では乗り越えられない時代であり、少し先を見通して決断していくしか方法はありません。そのためには不断の見直しが不可欠であり、常に本校を取り巻く内外の情勢、現時の本校の立ち位置を確認し続けながら教育活動を展開してまいります。独自の理念に基づき時代に阿ることない教育が行えること、柔軟な経営が展開できること、教育への思いを直截に実現できること、これらは私学の強みと存在意義です。教育への多様な思いを抱き本校に関わる全ての人々の努力のベクトルを一致させ、これからも挑戦と改革、創造をたゆまず重ねて行き、来る創立100周年に燦然と光を放ち、永遠に輝く明秀を実現することを念願しています。皆様には一層のご理解とご支援を頂きたく存じます。
IMGP8912.jpg






最後になりましたが、この3月31日で校長職を退きます。12年も長きに亘り校長職を務められたのも、小野理事長を始め理事、評議員、監事、教職員、在校生、同窓会、PTA、地域の関係者すべての皆様から支えられたからこそと感謝申し上げます。ありがとうございました。
温かい言葉かけがあり、私が育てて頂いた明秀学園日立高等学校に多少の恩返しのできるポジションを与えていただきましたので、今後もできる限りの応援をしていきたいと思っています。
posted by 中原 昭 at 18:39| 徒然日記

2018年03月29日

844 いよいよ大阪桐蔭戦

 第90回記念選抜高校野球が3月23日から開幕しました。私は前泊し開幕のセレモニーを観戦しました。
 セレモニーの行進は前年度優勝校の大阪桐蔭高校から行進が始まり、北から代表校が順次行進が進み、いよいよ明秀学園日立高等学校の行進となると選手の行進姿が凛々しく、声も他校より一際気合いが入っているように(贔屓目?) 感じました。又、君が代独唱は本県の水戸三校の富永春菜さんが務め、堂々とした姿勢で伸びやかな歌声に感動し、甲子園は改めて野球の聖地だと実感しました。
IMGP9592.jpgIMGP9593.jpg







 一回戦の瀬戸内高校との対戦は、8回まで2対3とリードされ苦しい展開であったが、生徒の最後まで諦めない気持ちを信じて応援団も大声援を送りました。3連打と犠打で大逆転。スタンドは歓喜の渦で、勝利の校歌を肩を組んで歌った瞬間は、ドラマの中にいるようで何も覚えていません。唯一、理事長や関係者から揉みくちゃになったのだけは記憶にあります。生涯忘れない素晴らしい試合を見せていただいたことに感謝します。
IMGP9596.jpgIMGP9597.jpg







 2回戦は、伝統校である高知高校と対戦しました。本校の自慢も打線が12安打と爆発し10対1で勝利しました。本県では、初出場の日立工業高校以来の37年ぶりの2勝を挙げることが出来ました。選手、監督、応援する全てが一つの和になった勝利だと思います。皆様から多くの声援があればこそ勝利できたと思います。誠に有り難うございました。
IMGP9598.jpgIMGP9603.jpg







いよいよ、大阪桐蔭戦です。相手は横綱ですので臆することなく明秀日立の野球を貫いて日立市に「大事件」を巻き起こして欲しい。
 試合は、3月31日(土)第一試合午前8時30分開始です。アルプススタンドをスカイブルー一色で皆さんと一緒に声援を送りたいと思います。宜しくお願いします。
posted by 中原 昭 at 16:16| 徒然日記

2018年03月16日

843 第90回記念選抜高等学校野球大会の本校の試合は3月23日(金)第3試合(開催日)

 今日、16日第90回記念選抜高等学校野球大会の抽選会が開催され、本校は3月23日(金)開幕日の第3試合、対戦相手は瀬戸内高校(広島)と決定しました。
 野球の聖地である甲子園はプレッシャーとの戦いでもあり、勝っても負けても自分達の納得の行く試合をしていただきたい。
 全ての生徒が、全ての卒業生が、多くの地域の皆さんが、選手諸君の活躍を祈り全員が野球部員になったつもりで応援をします。初戦が大切ですのでよろしくお願いします。

DSC_0105.JPG
<壮行会について>





 第90回記念選抜高等学校野球大会の壮行会は学校主催が体育館で実施し、日立市主催の壮行会は、日立シビック前の市民広場にて実施しました。
 本校での実施は、小川日立市長様、大部高萩市長様、茨城県高野連福田会長、榎戸専務理事様を始めとするご来賓の皆様にご臨席頂き、盛大に壮行会が開催できました。
DSC_0148.JPG







 私の挨拶は、「本校は、1996年に男女共学を導入し校名を「明秀学園日立高等学校」改称と同時に野球部も創部しました。22年前を思い起こせば、たった11名の野球部員からのスタートでした。その間には、多くの先輩たちが「甲子園の夢の舞台」に青春の汗と涙を流してきました。その大きく立ちはだかった壁を、君たちが見事に打ち破り「選抜出場を決めてくれました。おめでとう 」
 69名の生徒諸君は、一人一人の役割を自覚し、日々の練習の成果を「この選抜大会」で存分に発揮して「初出場、初優勝」を勝ち取ってくれることを念願します。そのためにも、大会までの体調管理をしっかり整え、大会に最高のコンディションで望んで頂きたい。
IMG_6599.JPGIMG_6759.JPG










 日立市を始め県北地域の大勢の皆様から甲子園初出場を我がことのように喜んでご支援を頂いていますこと心から感謝します
また、選手諸君の活躍を期待し、応援団、ダンス部、吹奏学部を中心に学校をあげて応援の体制をとっています。
 生徒諸君は,お父さんお母さん,家族や友人,応援してくれる全ての人に感謝し全力でプレーすることを切に望みます。
 簡単ですが,挨拶といたします。」

posted by 中原 昭 at 15:10| 徒然日記

2018年03月02日

842 平成29年度全日制課程卒業式 式辞

式辞

 春に先駆けて白梅が咲きはじめた今日の佳き日に、明秀学園日立高等学校の卒業証書授与式を挙行できますことは、深く喜びとするところであります。
 本日は、ご来賓の方々、PTA及び同窓会の関係各位、そして多数の保護者の皆様方には、早朝よりご臨席を賜り厚く御礼申し上げます。
 ただ今、卒業証書を授与いたしました325名の卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。また、保護者の皆様には、心からお慶び申し上げます。
この三か年の間、本校の教育方針をご理解いただき、物心両面にわたり多大のご協力を賜りましたこと教職員を代表いたしまして厚く御礼申し上げます。
皆さんは、三年前、希望と期待、そして多少の不安を胸に明秀学園日立高等学校の門をたたいたことと思います。三年間の学校生活で、皆さんはいろいろな経験を通して成長し、今、ここを巣立っていこうとしています。

795.jpg





 思い返せば、皆さんは、入学時は仮設校舎から高校生活を始め、リニューアル校舎に移動、創立九十周年記念式典という歴史の節目に立ち会うこともできました。
IMGP4883.jpg






 最高学年の今年度は、「アクションプラン」の最終年度であり、その目標達成のため学園を挙げて取り組んできました。先が見通しにくい社会にあって「骨太な全人教育」を理念とし@将来にわたり学び続ける力の育成(知育)Aどんな逆境にあっても他者と協同してより良い社会の形成に参加できる主体の育成(徳育)B基本的な生活習慣の確立や運動に親しみ健全な心身の育成(体育)C言い訳をせずに何事にも全力で取り組む姿勢(卓越性の追求)の4つを掲げ、具体的目的として「品格ある進学校」「生き抜く力の育成」「面倒見のよい安全安心な学校」を共通理解に勉学、運動、特別活動などの運営に当たってきました。卒業生の在籍期間は明秀学園の大転換期、日本史で言えば江戸時代から維新を経て明治になるような期間であったかと考えます。この間に運動部の活躍や進学実績の向上なども相まって社会の注目を浴び明秀日立躍進の礎が築き上げられました。
IMGP8294.jpg






DSC_0063.jpg






 全ての運動部の頑張りはありましたが、特にサッカー部が全国高校選手権大会に2度目の出場で大阪桐蔭高校を破り全国ベスト8に輝く快挙を挙げてくれました。野球部も秋季関東大会で見事準優勝を果たし、第90回記念選抜全国高校野球大会に出場が決定し、学園は当然のこと、地域の皆さんが我ことの様に喜んでいただき地域活性化の一助に成っていることにも喜びを感じています。また、卓球部はインターハイ大会女子7年連続、男子4年連続優勝を果たすなど県内では敵無しです。女子ゴルフ部は創部4年目にして全国大会出場を果たしてくれ、1期生がプロテスト一発で合格したことも名誉なことです。
 文化部では、吹奏楽部がA部門に昇格し県大会において銀賞獲得、コンピューター部も全国大会出場を果たし大いに活躍を見せてくれ嬉しく思います。
進路に関しても大きな前進がありました。大学進学は61%と上昇し、就職に関しても内定率が97%を達成し、中身においても警察官や消防士など人命を大切にした仕事を目指す生徒が増えたことも骨太な全人教育が浸透し始めている感じを受けます。
 今年度の進学結果は3月23日を待たないと最終報告はできませんが、ここ数年間は国公立大学や難関私立大学の合格数が大幅に増加し、進学校としての地歩を固めています。今年のセンター試験受験者は127名、後期国公立大学試験の終了まで気を引き締めて目標実現のために最後の最後まで粘り強く受験と向き合い、立ちはだかる壁を乗り越えることを期待しています。
IMGP8769.jpg






IMGP8615.jpg







 進路と運動部の活躍、文と武の両輪が大きな花を咲かせている姿を見せてくれている卒業生の皆さんを私は誇りに思います。今、「明秀日立」には未来に向かって羽ばたく力が充ち満ちています。
しかしながら、皆さんが進む現実の世界は、「解のない時代にさしかかっている」と言われています。
IMGP7811.jpg







IMGP6049.jpg






『think not think』頭で考えられないことを考えることのできる人材が求められる時代となっています。解のない時代に突入しているからこそ、人まねでない、オリジナリティーが大切です。本校のシンボルである白梅のように寒風の中、春に先駆けて咲き、凜として、気品を保ちながら・・・「凡事徹底」当たり前のことを当たり前にして、地に足を着けて、一歩一歩丁寧に歩むことを望みます。
IMGP9039.jpg





 
 最後に、卒業生の皆さんにお願いしたいことが二つあります。それは今日の日を迎えることができたのは、ご両親を始め、多くの人たちの支えがあったお陰であると言うことを肝に命じ、感謝の心を大切にし、誠実に生きてほしいということ。二つ目は、皆さんが学んだ母校の発展の歴史をこれからも見守って支援してほしいと言うことです。
 結びになりましたが、本日ご臨席を賜りましたご来賓並びに保護者の皆様方に心から御礼を申し上げますと共に、皆様のご健勝とますますの活躍を祈念いたしまして式辞といたします。

 平成30年3月1日
 明秀学園日立高等学校校長 中原 昭
posted by 中原 昭 at 09:34| 徒然日記

2018年03月01日

841 平成29年度賞状伝達式

平成29年度 卒業式前全校集会
日 時:平成30年2月28日(水)13:30〜 場 所:体育館

<賞状伝達>
(1)3ヵ年精勤賞
DSC_0274.jpg 






   3年1組 鈴木 翼、関村 大輝、光田 真尋、渡邉 楓香、3年2組 黒沢 和希、鈴木 由
   平田 凱誠、石川 早耶香、富松 優花、永沼 久美、吉成 想、3年4組 大井川 将平、白土 
   翼、関山 航平、畠山 雅史、比企 楓真、佐々木 和湖、横倉 沙樹、吉田 くるみ、和田 桃子、
   3年5組 板倉 希、加藤 翔伍、佐藤 雄紀、清水 未来、鈴木 渓太、鈴木 理玖、深江 壱晟、
   深見 凜、村井 勇斗、石河 洋香、小松 彩也乃、猿田 妃花3年6組 木幡 時央、坂本 裕 
   樹、佐藤 龍我、諏訪 貴己、藤倉 響太、斎藤 愛加、齋藤 由里、深作 真洋、3年7組 荒井 
   慧伊大、池田 和樹、大川 啓太、小澤 英輔、田所 周大、西田 丞、原 光貴、松島 由弥、若 
   原 大晟、小松 日向乃、3年8組 泉 勝士、菊池 拓巳、大竹 つかさ、3年9組 阿部 拓斗
   高橋 真、郡司 和、3年10組 大勝 康智、小針 健太郎、菰田 尚太、飛田 隆博
      以上60名。代表 3年2組 黒沢 和希
DSC_0218.jpg






(2)1ヵ年皆勤賞 
   3年1組 鈴木 翼、関村 大輝、渡邉 楓香、3年2組 黒沢 和希、吉成 想
   3年3組 斎藤 勇造、西村 健志、石上 桃穂、3年4組 大井川 将平、関山 航平
   畠山 雅史、比企 楓真、和田 桃子、3年5組 板倉 希、加藤 翔伍、佐藤 雄紀
   清水 未来、鈴木 理玖、土田 大樹、羽石 達也、三田 侑生、佐々木 莉奈
   3年6組 佐藤 龍我、諏訪 貴己、齋藤 由里、3年7組 小澤 英輔、篠崎 圭人
   中島 悠花、3年8組 猪狩 拓也、黒澤 泰輝、3年9組 遠藤 誠実、小圷 直輝
   高橋 真、3年10組 比企 将大、増子 歩希以上35名。代表 3年6組 齋藤 由里
DSC_0189.jpg






(3)学校長賞 
<野球部>
 3年5組 鈴木 渓太、3年6組 猪狩 悠貴、3年7組 池田 和樹、北村 将基、原 光貴、三好 健
 太、若原 大晟、若松 祐斗、渡辺 祐弥、3年8組 泉 勝士、菊池拓巳、高橋 成行、3年9組 石
 崎 竜誠、粂 直輝、中田 勇之介、3年10組 中野 響  ソフトボール部、3年5組 斎藤 陽、矢
 代 菜々美、3年6組 大内 あやな、黒澤 彩、3年7組 伊藤 桃果、3年10組 穂坂 彩恵
<ゴルフ部>
   3年5組 佐々木 莉奈、3年8組 須藤 麗、3年9組 佐久間 夏美
<陸上競技部>
   3年7組 内田 千緒梨
<吹奏楽部>
   3年4組 関山 航平、3年5組 板倉 広大、3年6組 藁谷 祐輔、佐川 秀美
   3年7組 武藤 亜依、3年8組 山本 靖人、菅山 双葉
DSC_0141.jpg






<STコース>
   3年1組 金田 音哉、鈴木 翼、渡邉 楓香、3年2組 巣山 史香、丹野 佳野音、富松 優花、
   豊田 奈央
<Sコース>
   3年3組 田所 佳吾、西村 健志、菱沼 祐乃、藤田 明純、3年4組 小林 龍珠
 畠山 雅史、和田 桃子以上47名。代表 3年3組 藤田 明純
 
(4)日本私立中学高等学校連合会長賞 
  3年10組 飛田 隆博
(5)NRI学生小論文コンテスト 
   大賞 2年2組 堤 ともか 奨励賞 2年2組 佐藤 一輝
(6)サッカー部 
   全国高等学校サッカー選手権大会
    優秀選手賞 3年7組 荒井 慧伊大
   日立市体育協会 平成29年優秀選手賞
    3年5組 鈴木 理玖、高橋 樹矢、土田 大樹、深見 凜、宮本 幸太郎、3年6組 遠藤 章
    太、3年7組 荒井 慧伊大、篠崎 圭人、増山 裕音、宗像 隆人、3年8組 市江 祥也、伊 
    里 隼人、岩谷 拓汰、大和田 海斗、高村 哉太、橋本 光希、藤田 陽輔、3年10組 湯沢 
    涼 代表 3年5組 土田 大樹
DSC_0118.jpg






高円宮杯U−18サッカーリーグ2017 IFAリーグ2部
 優勝 代表 3年7組 長谷川 昂己

フェアプレー賞 代表 3年5組 大和田 美輝人
優秀選手 3年5組 深見 凜 3年8組 伊里 隼人 2年6組 高嶋 修也
得点王 2年7組 二瓶 優大(にへい ゆうた)

(7)女子バスケットボール部 
  平成29年度全国高等学校バスケットボール選手権大会茨城県予選会
   準優勝 代表 3年5組 松本 璃奈
   平成29年度茨城県バスケットボール協会表彰
優秀選手  3年5組 松本 璃奈、田村 歩、2年10組 矢島 里都、1年7組 柳瀬 柚奈
(8)ゴルフ部 
   関東高等学校ゴルフ選手権 冬季大会・個人の部 女子
準優勝 2年10組 久 みなみ
   関東高等学校ゴルフ連盟
    優秀生徒 3年5組 佐々木 莉奈、宮本 夏実
DSC_0075.jpg






 (9)コンピュータ部 
   平成29年度第23回茨城県高等学校ワープロ競技新人大会
    団体の部 優勝 代表 2年1組 神代 遥、2年2組 海老澤 未夏、1年1組 酒井 映恋
    個人の部 2学年の部 優勝 2年2組 海老澤 未夏、2位 2年1組 神代 遥、1学年の部 優勝 1年1組 酒井 映恋
(10)吹奏楽部 
   第20回ソロコンテストいばらき
   銀賞 2年6組 田尻 志穂、銅賞 1年1組 粟生 愛梨、金賞 2年7組 鈴木 みゆ
DSC_0288.jpg





3.学校長講話
4.閉式の言葉
posted by 中原 昭 at 15:58| 徒然日記