2017年09月23日

812 Burnside High School スタディーツアーについて

 昨日、フレンドシップ提携を結んでいるオーストラリア・バーンサイド高校から「スタディーツアー」として来校しました。期間は9月22日(金)〜27日(水)の5日間です。
受け入れ人数は男子生徒2名、女子生徒4名と教員2名です。バーンサイド高校生の滞在は下の通り本校生徒と教員が受入れてくれました。バーンサイド高校の先生方は日立駅前のホテルに宿泊します。
IMGP8631.jpg





 22日の4時30分に本校に到着。応接室で顔合わせをして、国際交流係の福地とダフィーがスケジュールの再確認をしてくれました。その後、校内を内覧して頂き本校の雰囲気を掴んで貰いました。午後6時、ホストファミリーの保護者が来校され、初対面の挨拶を交わし、三々五々生徒と一緒に帰宅しました。

 今日(23日)は通信制の後期卒業式を挙行するため午前10時に本校の正門をくぐりましたら、国際交流係の福地とダフィーが居て、これからバーンサイド高校の先生方を県北や福島県いわき市の水族館などを案内し、午後4時頃には湯本温泉に宿泊するためのガイドをするとのこと。「大いに楽しんで来るように・・・」と送り出しました。各家庭で週末をバーンサイド高校の生徒さんがどのような週末を過ごしたのかを聞くことがとっても楽しみです。
IMGP8635.jpg






IMGP8630.jpg






 
◎ホストファミリー受け入れ生徒・先生方
2年2組 萩原 瑞樹 ・・・Grace Comnee(グレース コンメ―)
2年3組 熊谷 沙羅 ・・・Hannah Biles(ハナ バイルズ)
2年4組 藁谷 菜未  ・・・Eloise Pollock(エルイズ ポロック)
          Kalila Matthews(カリラ マッチューズ)
1年3組 土屋 拓巳 ・・・Jack Vellacott(ジャック ベラコット)
高橋とダフィー宅 ・・・Thanabadee Akanitin(タナバディー アカナティン)

☆9月25日(月)通常授業

☆9月26日(火)日本語レッスン・生徒ボランティア
バーンサイド高校生徒6名に対してバディとして付け,日本語を教えるサポートをする。

ボランティア参加生徒
1h生徒
1年1組 樫村慧子,近藤咲月,坂元愛実,笹本奈柚,佐藤華子,渡辺琴美(6名)

2h生徒
2年1組 小平詩織,根本菜々子,緑川遥香,阿部駿(4名)
1年2組 椎名紫音,神代一葵(2名)
posted by 中原 昭 at 12:35| 徒然日記

2017年09月22日

811 第1回吹奏楽部オータムコンサートが9月30日開催

 第1回吹奏楽部オータムコンサートが9月30日(土)日立市シビックセンター音楽ホールにて午後2時(開場午後1時30分)より開演することが決まり、部員一同張り切って活動しています。お忙しい中、時間を割いていただき多くの方にご来場頂ければ幸いです。
 今年度吹奏楽部の活動方針は出来る限り生徒が主体的に自ら課題を発見し解決する自主自立を育成することを主眼にして活動してきました。急な活動方針の転換に、生徒・保護者の間には戸惑いや不安も生じ、その間には様々な壁を乗り越えなければならない試練もあったかと推察いたします。生徒を信じ、生徒の可能性を最大限に引き出したのも生徒自らのことです。その結果は、創部9年目にして初のA部門コンクール吹奏県大会に出場し参加21校の中で銀賞(12位)を受賞することができ「諦めなければ夢に近づくことができる」と生徒人ひとり実感したことと思います。
DSC_8094.jpg








 今回のオータムコンサートも生徒の発案で、企画・予算・運営に至るまでしっかり準備して学校に提案が成され、その熱意に学校、PTA役員も心を動かされ実施の運びとなりました。初のオータムコンサートは、これまでの練習成果の集大成と上級生から下級生に明秀サウンドを継承する機会と捉えての運営となります。部員−人ひとりの更なる技術力向上を目指していることは勿論、吹奏楽にかける想いを「結晶」させたコンサートに完成させるよう部員が一丸となって努力してきました。まだまだ、未熟な面も多々あるかと思いますが、生徒たちが真心を込めて奏でる音色は、その想いの強さによって必ずや皆様の琴線を揺さぶるものと思います。どうぞ温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。ご来場をお待ちしています。
posted by 中原 昭 at 14:20| 徒然日記

2017年09月14日

810 祝・県北地区陸上競技大会で男子総合2位

 茨城県県北地区陸上競技大会が「池の川陸上総合競技場」(9/3、9/6〜9/8)にて開催されました。
今年から男子は渡邊好一顧問、女子は眞ア翔大顧問と新たな指導者でスタートをしました。4月当初は生徒には戸惑いがあったかと思いますが、徐々に新顧問との連携がとれてきたこともあり、今回の県北地区大会では男子総合2位と目を見張る成績を上げてくれました。
入賞した生徒全員に校長室に来ていただき、結果の報告と県大会に向けての決意をキャプテンにして頂き、私から更なる高みを目指すように激励しました。(生徒のコメントも頂きましたので掲載します。)
IMGP8627.jpg






尚、9月28日  石岡運動公園陸上競技場
9月29日〜10月1日 ひたちなか市総合運動公園陸上競技場

県大会上位3名
関東選抜新人大会(10月21日〜22日 東京都)
上記の日程で開催されますので応援宜しくお願い致します。

○男子100m
2位 森亮輔【11”30(±0)】
3位 遠藤稜生【11”44(±0)】
4位 八重樫恵祐【11”50(±0)】
○男子200m
3位 森亮輔【22“56(+0.5)】
4位 遠藤稜生【22“59(+0.5)】
7位 川上大輝【24“00(+0.5)】
○男子400m
4位 長沼泰成【54”08】
○男子800m
5位 高久大優【2‘09”48】
○男子110mH
1位 針泰輝【16”13(+1.6)】
○男子3000mSC
6位 大内瑠晟【10‘36”15】
○男子4×100mR
1位 森亮輔−八重樫恵祐−佐藤僚馬−遠藤稜生【42”87】GR
○男子4×400mR
2位 長沼泰成−八重樫恵祐−佐藤僚馬−遠藤稜生【3‘29“10】
○男子走幅跳
1位 秋元堅吾【5m96(+0.4)】
3位 長沼泰成【5m82(+0.7)】
8位 安島英良【5m53(±0)】
○男子三段跳
1位 針泰輝【12m33(+0.1)】
2位 秋元堅吾【12m27(+1.2)】
○男子砲丸投
3位 今井慎太朗【11m04】
5位 松本侑己【9m10】
○男子円盤投
1位 今井慎太朗【41m40】GR
2位 八重樫恵祐【40m50】GR
○男子やり投げ
3位 松本侑己【47m89】
5位 原田翔斗【29m10】
男子総合 2位 131点
○女子走幅跳
6位 倉持志帆【4m40(+1.0)】

女子総合 9位 3点
●一言
【松本侑己】2−5
やり投げで自己ベストが出たけれでも県では通用しないので練習から大会をイメージしてやっていきたいです。
【森亮輔】2−11
これからも応援よろしくお願いします。
【遠藤稜生】2−9
県大会でいつも通りの走りをして関東大会に行きたいと思います。
【佐藤僚馬】2−7
今回は400mリレーで大会新記録で優勝できましたが、これは通過点として、県大会で優勝して関東大会出場を決めたいと思います。
【八重樫恵祐】2−5
県内とか地区内ではなくて、関東大会のトップで戦えるように頑張ります。
【長沼泰成】2−7
マイルは2位でとても悔しい思いをしたので県大会ではリベンジを果たしたいです。
【針泰輝】2−5
県北大会では調子がよく、2つの種目でベストがでてよかったです。県大会でそれを超えられるようにこれから練習に取り組みます。
【今井慎太朗】2−2
自分は日本ユース参加標準記録の42m以上を狙っていたが、今回大会新で優勝することができ本当に嬉しい。
【秋元堅吾】2−1
いい順位をとることができてとても嬉しいです。県大会もこの調子で関東大会出場を目指し、頑張ります。
【高久大優】2−1
5位入賞はしましたが、まだまだ改善の余地はあると思うので、県大会では自分が今できる最高のパフォーマンスをできるよう頑張ります。
【大内瑠晟】2−3
地区は納得のいかないレースだったので県に向けてしっかり調整し、県大会では自分の最大限の力を発揮できるように頑張ります。
【川上大輝】1−9
県大会までの練習の日々を大切にしていきたいです。
【原田翔斗】1−7
地区新人では自己ベストがでたけれどその結果に満足する事なく県大会ではそれより上を目指して頑張りたいです。
【倉持志帆】1−6
今回の大会で自分の足りなかった点やこれから改善するべき課題がたくさん見つかったのでそれを中心に県大会に向けて日々の練習を頑張っていきたいです。


posted by 中原 昭 at 11:08| 徒然日記

2017年09月01日

809 授業再会

 今年の夏は異常気象であり、日照不足、集中豪雨などで多くの被害を受けました。
また、県知事選があり3年生の中には選挙権を有し初めて投票し大人の仲間入りをした人も多いかと思います。
 また、北朝鮮のミサイルがグアムの方向に発射される報道もあり、グアムの修学旅行を中止せざるを得ない判断をした高校もあるなかで、29日に実際ミサイルが発射し日本の襟裳岬上空を通過し1080km沖海に着弾。私達の生命が危機的状況になりました。
 いつ何時、何が起きるか分からない事態です。人生の例えに坂があります。「上り坂、下り坂、まさか」の坂があります。外交・政治・経済等予想が困難な時代に突入しています。予測が困難であっても、私たちにできることは、最新の正確な情報をキャッチし、これまで得た知識を活用し、どのような環境に置かれでも冷静に、判断し、仲間と協力して生き抜く智慧を持ち合わせる人財が益々求められています。
 
 より良い人生を生きる術の近道はありません。
何事も諦めずに、「コツコツ、コツコツ」地道な努力をする以外に方法はありません。寄り道(立ち止まって考える)は結構かと思いますが、近道は、効率的でスマートにみえても長い人生では成功には繋がらないと私の経験則からいえます。

 今日から授業再会です。直近のポイントになる行事のみを話します。オーストラリアのバーンサイド高校から6名の生徒と2名の教員が9月22日から5日間、また、AFS国際協会を通じてハンガリー人が約1か月留学を受け入れました。皆さんの協力をお願いします。また、「体育祭」「第二回掃除に学ぶ会」「防災訓練等」も予定になっています。
 「随所に人なり」 
 あらゆるところに学習の機会があります。生徒の皆さんが、溌剌と活躍する機会を出来るだけ沢山提供が出来るように学校運営を実施しようと考えています。「ああもしたい。こうもしたい。こうなったらもっといい」そのような学校生活を皆さんと一緒に送っていきましょう。

 今日は、生徒会の新・旧の役員さんやオーストラリアに短期留学した生徒、インターハイ等全国大会に出場した生徒など印象に残ったことなどを発表する機会を設けました。皆さん、しっかり聞いてください。私からは以上です。

<休業中、特に活動した生徒の発表>
DSC_0018.jpg







◎生徒会副会長 針 泰輝
夏休みが終わり、これから生徒会としての仕事が本格的に始まります。私達は本校を代表する者として、行事の運営を通して今まで以上に楽しい学校生活を送るために頑張ります。皆さんのご協力を宜しくお願いします。
DSC_0039.jpg








◎ ゴルフ部(全国大会出場)3年5組 宮本夏美
私達ゴルフ部は8月2日から6日にかけて山口県宇部で開催された全国大会に出場しました。流石に全校大会は諸大会と比べものにならない緊張感やプレッシャーがかかるステージでした。団体戦はベスト8を目指して戦いましたが残念ですが12位となり満足できる結果ではありませんでした。しかし、37度の猛暑の中、全員が最後まで諦めることなく戦えたことに悔いはありません。
 私達3年は引退し進路に向けて頑張ります。後輩には私達が達成しなかった全国ベスト8が達成できるように頑張って欲しいと思います。ゴルフ部応援宜しくお願いします。
DSC_0033.jpg









◎ 男子卓球部(インターハイ出場)3年5組 赤井 直人
私は男子卓球部主将です。3年最後の大会であるインターハイに出場しました。団体、ダブルスは惜しくも初戦で敗れましたがシングルスでは、私が2回戦まで、1年生の竹内君が3回戦まで勝ち上がりました。プレッシャーのなかで勝つことが出来たので悔いなく部活動を終えることができます。これからは進学に向けて猛勉強をしますが、ボランティア活動にも積極的に参加したいと考えています。
DSC_0022.jpg









◎ 女子卓球部(インターハイ出場)3年5組 小林 華絵
私達女子卓球部は、インターハイに向けて部員一丸となり猛暑の中、調整してきました。団体戦の対戦相手は前日に分かる為に対策が立てられません。その分、本校は部員が多いので色々なタイプの選手と練習が出来る強み武器に練習を重ねました。
 団体戦は兵庫代表育英高校に3対0で勝ち、2回戦は愛知県代表の全国優勝常連校と対戦し接戦でしたが今一歩及ばずに惜敗しました。これまで応援したくれた皆さんに感謝します。これからも宜しくお願いします。

◎ 3年8組 小峰 理子
私達は、明秀学園日立のダンス部を多くの方に知っていただこうと積極的にイベントへの参加をしてきました。
 直近の活動を報告します。
7/28 JX日鉱の山神祭
8/3  水高スクエア 
8/4  サマーフェスティバル
8/5  中小路学区夏祭り
8/6  水戸黄門まつり銀杏坂ステージ
8/20 ひたちなか祭り
8/26 大みか地区夏祭り
※ この後に予定していますのは「よかっぺ祭り」です。是非参加して下さい。
◎ アジア青年国際交流事業(韓国主催)1年1組 酒井 映恋
私は7月28日〜31日までの4日間ボランティア活動をするために韓国に行ってきました。4日間という短い期間でしたが、様々な文化の違いや韓国、中国の方との交流を通して一番驚いたのは韓国や中国の方が流暢に「英語」を使って会話ができることです。最初は韓国語も中国語も分からないし、会話ができないだろうと思っていましたが、英語でコミニュケーションがとれ嬉しい気持ちになりました。しかしながら、自分の英語の力がまだまだ足りないということにも気づかされました。
 私はこれからもっといろいろな海外の方と交流をしてみたいと思っています。その為には英語力が必要だと痛感しました。これまで以上に英語の勉強を頑張ろうと思いました。
posted by 中原 昭 at 13:41| 徒然日記