2016年12月23日

770 集会及び賞状伝達式等

平成28年度 後期 全校集会
日 時:平成28年12月22日(水)11:20〜
                       場 所:体育館
1.開式の言葉
2.生徒指導部長講話
3.賞状伝達
(1)第108回日本語ワープロ検定
 2級合格3年
 後藤 博和、寺本 有我、奥谷 真生、金澤 寿輝、川俣 尚輝、草地 万里、小野寺 美春、桑田 瑞生、半谷 香緒利<代表3年9組,後藤博和>

(2)第34回ニュース時事能力検定
 2級合格3年(3年生のみの賞状伝達)
 北野 真奈、小磯 克文
  <代表,3年3組,北野真奈>

(3)第16回毎日パソコン入力コンクール全国大会
第4部,英文B,毎パソ賞 1年2組 海老澤 未夏
BCS_3950.JPG







(4)平成28年度第2回実用英語技能検定
準1級合格 
2年 吉久保 新

2級合格3年
佐藤 新、鈴木 龍馬、多田 知美、吉田 真緒、大竹 彩郁、小川 麻光
2年
峯岸 結香、渡邉 楓香、佐藤 瑠美、豊田 奈央、永沼 久美、吉成 想
1年
吉村 準一、小平 詩織、神代 遥、根本 菜々子
<代表,3年1組,多田知美、2年3組,吉久保新>

(5)野球部 第69回秋季関東地区高等学校野球茨城県大会 優勝  
代表 2年 若松 祐斗、渡辺 祐弥、高橋 成行
BCS_3978.JPG






(6)サッカー部 平成28年度全国高等学校サッカー選手権大会茨城県大会 第2位
代表 3年 武藤 淳
(7)女子バスケットボール部 茨城県高等学校選抜優勝大会 第3位
茨城県総合選手権大会 3位
優秀選手 3年 市川 知奈、大川 星菜、吉原 憂良
<代表,3年5組,市川知奈>
(8)吹奏楽部 第51回茨城県アンサンブルコンテスト県北地区大会
フルート四重奏 優秀賞
金管六重奏   優秀賞
金管四重奏   優良賞
<代表,1年5組,関根 理紗>
BCS_3734.JPG






(9)美術部 平成28年度茨城県高等学校総合文化祭美術展覧会 デザインの部
入選 2年 峯岸 結香、3年6組 橋本 
<代表,3年6組,橋本 ひかり>
DSC_0017.JPG






(10)書道部 平成28年度茨城県高等学校総合文化祭美術展覧会 
奨励賞 1年 稲葉 諒
入選  1年 阿部 悠梨花、木田 みのり、3年 山ア 咲香、山田 茉弥
  <代表,1年6組,稲葉 諒>
BCS_3989.JPG






4.雑感
DSC_0224.JPG





年々、賞状授与者が増えてきているうえに、内容の質もあがって生徒諸君の日々の努力が形に現れ誇らしく思います。
 今年の漢字1文字は「金」でしたね。皆さんの「金」「金メダル」は何だったのでしょうか?
  明秀学園日立高校としての漢字1文字は「繋」がぴったりと考えます。「晃耀祭」のテーマでもあり、創立90周年の伝統に新たな息吹を吹き込んでくれ、輝きを放つ明秀学園になってきています。
BCS_3873.JPG






端的に言えば「マスコミに取り上げられ、世間の耳目を集めた」年度ではなかったと考えます。野球部(夏準優勝・秋優勝:ベイスターズから指名)、サッカー部(冬の全国選手権茨城大会準優勝)、男女卓球部新人戦3連覇、女子ゴルフ小滝が国体団体メンバーで皇后杯、文化面では全国総文祭に美術部出場、県北芸術祭の参加などです。また、例年以上にボランティア活動が積極的で目を引きました。記憶に残っているものとして、アジア青年交流事業の参加、高萩市産業祭、日立フェスタなど地域社会からの要請も、期待に応える生徒が多数いる学園になってきている印象があります。また、バーンサイドとのフレンドシップ留学の第1回が無事に終了したことも喜びに堪えません。
このような生徒一人一人の活躍が今の「明秀」の輝きに繋がっています。そのことを端的に現しているのは、知事請願の中で、橋本知事から「明秀学園日立高等学校」の固有名詞をあげて頂いたとき本当に注目を浴びているのだと実感しました。
明日から冬休みに入りますね。
DSC_0228.JPG







 「明秀生」としての品格を持って、皆さんの目指す「金メダル」を目指していただきたい。3年生は140名が一般入試で臨みます。健康管理をし「凡事徹底」・・・「当たり前のことを当たり前にできる」ように徹底し最後まで粘り強く、諦めることなく、「目標を達成」してください。
増々、「輝く明秀」に皆さんと心を合わせてしていきましょう。


posted by 中原 昭 at 13:37| 徒然日記

2016年12月18日

769 フレンドシップ提携の第1回交換留学生帰国

 昨年度創立90周年記念事業として、オーストラリアクィーンズランド州立バーンサイド高校とフレンドシップ提携を交わし、佐川響さん、藁谷菜未さんが第一回交換留学生として10月9日〜11月5日(28日間)のホームステイをしながら異文化体験をバーンサイド高校で行って無事に帰国しました。
IMGP8155.jpg







 バーンサイド高校からは男子生徒のベン君が交換留学として来日(11/20〜12月18日の期間)し、1年1組・3組のクラスに所属し学習しています。国際交流担当の福地、高橋、ダフィー、サム先生やお世話係生徒の手助けで学校生活は楽しかったようです。あっという間の留学期間も終了間際になりました。そこで、ホームステイを引き受けて頂いた響さん、菜未さんと一緒にベン君をお昼休み校長室に呼んで感想を聞かせてもらいました。ベン君の話では、「日本はとても親切で、毎日がワクワクして新鮮でした。印象に残っているのは、世界史の小テストで高得点をとれたことをあげ、世界史が一番面白い授業だった」と感想を述べてくれました。また、日常生活では、納豆が食べられるようになったことや福島県会津にある鶴ヶ城を見学したことが強烈な印象だったそうです。また、この寒さの中、阿字ヶ浦海岸で泳いだことを聞き、さすが遊び上手な国民性だと感じました。
 本日帰国します。無事に帰国することを祈念します。
posted by 中原 昭 at 15:12| 徒然日記

2016年12月07日

768 ST・Sコースカナダ修学旅行第7日目

今日は起床が午前7時
午前7時30分朝食
<身支度>
IMGP8143.JPG









朝食の会場です。
IMGP8144.JPGIMGP8145.JPGIMGP8147.JPGIMGP8148.JPGIMGP8149.JPGIMGP8150.JPGIMGP8151.JPG
































ホテル 出発 9時30分
バンクーバー国際空港午前10時到着
出国手続きを91名全員が無事に手続完了し、生徒は最後のショッピングを楽しんでいます。

IMGP8154.jpg







搭乗開始 午後12時30分集合

予定通りの時間に搭乗する見込みです。

バンクーバー国際空港午後10時発 <JAL17便>
<以下は、何事もなく無事に修学旅行が予定通終えることを願っての掲載です>
成田空港;12月7日 午後4時30分<日本時間>

成田空港 出発 午後5時40分

・途中 道の駅休憩

〇日立シビックセンター午後8時30分 到着予定。
保護者の皆さま、お迎え宜しくお願いします。

※大幅な到着予定の変更があった場合には学校から連絡します。

posted by 中原 昭 at 14:11| 徒然日記

767 ST・Sコースカナダ修学旅行第6日目

 朝6時に起床しシャワーを浴び、スーツケースに荷物整理して、お世話になりましたホストファミリーにお礼を述べてアリーナ会場にいきました。
IMGP8132.jpg







 昨日の雪で路面凍結のため予定時間より15分遅れてブリティシュコロンビア大学に到着。
  クラス毎に写真撮影して会議室に案内されました。

 9班に分かれUBC学生の引率のもとにキャンパス見学(約1時間)

 <日本人留学生との質疑応答>
・英語の上達は文法は気にせずに兎も角話すこと。書くこと。
・何事にも失敗を恐れずに挑戦すること。失敗を繰り返しながら成長する。
・留学は、健康第一です。
・異文化は、相手を尊重することからコミュニュケ―ションが生まれる。
・英語を話す以前にパーソナリティーが重要など・・・・・。


 

IMGP8133.jpgIMGP8134.jpgIMGP8135.jpg















午後12時30分 B&Sプログラム(ダウンタウンで昼食を兼ねての見学)

午後5時 ヒルトン・バンクーバー・エアポート到着
IMGP8142.jpg










午後6時   夕食(ビッフェ形式)
 参加生徒91名勢ぞろいしホテルでディナーを楽しみました。
全員が揃って食事ができることに、只々感謝あるのみです。
 この瞬間まで無事に全行程を終えることが出来ましたのも、まずご両親のご理解あってのこと。旅程中におけるハプニングも先生方が「生徒第一」にした考えでどのように対応すべきか「より良く、よく良く( more more)の前向きな話し合い」とその行動力で解決が出来たことに敬意を表したい。また、その要望をしっかり受け止めてくれサポートしてくれたJTBスタッフの皆様に心から感謝申し上げます。
 このような仲間と仕事が出来ができていることに改めて幸せな自分も存在していることも再確認できました。困難を乗り越える時は、行動力、相互信頼、お互いに立場を尊重し合えるチームの絆がなにより大切なことを経験できたことが何より私は収穫と捉えました。

 生徒諸君も、一人ひとり今回の修学旅行における体験の違いなどの気付きが異なっても「過去のことは思い煩うな」「未来は憂いなかれ」「今、この瞬間」を精一杯、命の限り努力する・・・・・その連続性に未来が拓けることが感じ取れたのではないでしょうか。
 呼吸と同根。まず、たくさん息をアウトプットすれば、インプットは倍増します。知識も同じです。

 生徒諸君、ゆっくりとおやすみなさい。<沢山の体験談をご両親に思いのたけ話してください>

午後 10時 消灯

 


posted by 中原 昭 at 03:28| 徒然日記

2016年12月06日

766 ST・Sコースカナダ修学旅行第5日目

 朝起きましたら雪です。気温はマイナス2℃で大変寒い。
例年より早く雪が降ったそうで、バンクーバー周辺では滅多に雪は積もらないそうで8年ぶりの大雪だそうです。

アリーナ会場に雪の中ホストファミリーに送られ生徒が集合しました。

 遅れることなく午前9時にパシフィック・アカデミー高校と学校交流をしました。
IMGP8108.jpg








 歓迎セレモニーが終わり、生徒は2時間相手校のバディーと授業を受けました。生物や物理を受講した何人かの生徒は、「専門用語が理解できなかった」と正直に話してくれました。

IMGP8105.jpgIMGP8107.jpgIMGP8112.jpg












 お昼は、4教室に分かれてバディーと食事をとりました。ピザとスナックとアイスクリームです。ピザは温かくお代わり自由です。私も生徒と一緒に食事をとりました。ピザは生徒に頼んで運んでもらい感謝です。


IMGP8120.jpg






 午後1時30分、2会場に分かれてカーリングを体験しました。若いだけあって飲み込みが早いなと毎年のことながら・・・・感心。今回、私はカーリングをしないで生徒を観察しながら「徒然・・」のアップに時間を費やしました。
IMGP8114.jpgIMGP8116.jpgIMGP8122.jpgIMGP8123.jpgIMGP8125.jpgIMGP8127.jpgIMGP8128.jpg


























 午後4時にカーリングを終え雪の降りしきる中、バスに乗り込みました。退勤時間と重なり大渋滞となりました。アリーナ会場には既にホストファミリーが迎えに来ていて生徒と再会しホストファミリー宅に戻っていきました。
 今晩がホストファミリーと最後のお世話になる日です。感謝を忘れることなく良い時間を送って頂きたいと思います。
IMGP8130.jpg










posted by 中原 昭 at 08:56| 徒然日記

765 ST・Sコースカナダ修学旅行第四日目

 ローズさん一家は、日曜日の起床は通常午前11時頃だと言いましたが、私は毎朝5時に犬と約50分の散歩が日課になっていますので、話し合いで午前6時30分に起床、午前7時から1時間散歩を認めてもらいました。(前日に玄関のロックの開閉を教えて頂き散歩に・・・)

 起床した午前の6時では野外は真っ暗。結局午前7時30分から散歩に出かけました。昨日までの雨は上がり、今日は晴れる予感を思わせる天気です。すでにジョギングや犬と散歩している方などとすれ違う際には「おはよう」と笑顔での挨拶が自然と交わせます。日本では見かけない(見知らぬ人との挨拶)ので良い文化だと感じました。
 午前9時にシャワーを浴びて朝食を頂きました。メニューは、ベーコンエッグとトースト、コーヒーです。ブルーベリーをホットにしてヨーグルトとミックスして食べたのはとても美味しかったです。空は青空で気温も温かい。良い一日になりそうです。

 午前11時、グラスマウンテンにローズマリーさん一家と出かけました。「約50分位だ」と言っていましたが、久しぶりの晴天のために大渋滞。到着に2時間も掛かりました。
 スキーやスノボーのお客さんで、ゴンドラに乗ることも大変でしたが頂上からからの景色は言葉が出ないくらいの景観でした。
IMGP8055.jpgIMGP8046.jpg










IMGP8077.jpgIMGP8070.JPG










 午後6時にサリー町の中心部で開催されているクリスマス祭に立ち寄りました。人々の長蛇の列で入場も大変でした。盛り上がりも最高でイルミネーションの派手さに驚きました。何故、そうなるのか不思議でした。
 
 私見ですが、夏は午後10時まで明るく、仕事が午後3時には完全に終わるので、その後は自由に時間を使えてエンジョイできる環境にあります。しかし、冬は4時過ぎには暗くなり,殆どエンジョイすることができない。 そこで、クリスマスシースンには、大騒ぎをしてストレスを発散しているのでは・・・。と思いめぐらしました。
IMGP8090.jpgIMGP8095.jpg










IMGP8099.jpgIMGP8103.jpg






クリスマス祭を堪能し午後9時に家路に着きました。兎も角遊びもグレートだ。
posted by 中原 昭 at 08:24| 徒然日記

2016年12月04日

764 ST・Sコースカナダ修学旅行第三日目

起床午前6時30分
・午前7時10分から隣接のシュラトンホテルに移動して朝食。
IMGP7989.jpgIMGP7990.jpg








雨も上がり、良い天気で気温もあがり、街は一段と美しく見えます。

<1組〜4組 朝食>
 朝のミーティングで杉山コース主任から健康管理について「普段と違った生活のため、体の負担も大きいので、体調に変化があった場合には遠慮なく先生や添乗員、また、今日からホストファミリーに相談すること。 昨日、体調を崩した生徒も今朝は元気になって食事をしています。大事をとり本部で別メニューとなります。」との諸注意があり、その後、JTB山下さんから本日の行程について確認の説明がありました。
IMGP7995.jpgIMGP7996.jpgIMGP7997.jpgIMGP7998.jpgIMGP7999.jpgIMGP8000.jpgIMGP8003.jpgIMGP8004.jpgIMGP8005.jpgIMGP8006.jpgIMGP8007.jpgIMGP8008.jpgIMGP8010.jpgIMGP8011.jpgIMGP8012.jpgIMGP8013.jpgIMGP8015.jpgIMGP8016.jpg























































これから、部屋に戻り支度をして午前9時30分ホテルを出発します。

サレー市内に午前10時30分到着予定。

スポーツアリーナでホストファミリーと初対面です。
(土曜日、日曜日、月曜日の3日間お世話になる予定です。)
IMGP8017.jpg






既に、ホストファミリーが来ていましたので、責任者から約20分の説明を受けたのち、受け入れ先の人々と挨拶をし、写真を撮影するころには和やかに雰囲気になりました。今日(土)と明日(日)各家庭で異文化を体験し、それぞれが色んなことに気付く機会になり、何かを掴んでくれればと期待します。
 私は、最後にロ−ズマリーさんの家にお世話になることとなりました。偶然にも昨年と一昨年お世話になったホストファミリーさんと再会でき、お互いハグで嬉しさを表現しあいました。外国だから自然と出来るのですね。

IMGP8022.jpgIMGP8023.jpgIMGP8024.jpgIMGP8025.jpg














 ローズさんご夫婦は多趣味であり、すぐに打ち解けました。お昼は焼きサンドイッチとコーヒーで軽く食べ
少し休んでから、マリーさんの好きなバートウオッチングに同行しました。車で20分のところにあるクレセントビーチに行きウオーキングドーロを1時間程度歩きながら、鳥の名前などを教えて頂きました。セルギス、ヘレン、シーガル、ルーン、マロードドック、ホーク、コヨリなど直で観察ができ自然豊かなところです。また、海ではパラグライダーをして楽しんでいる若者もいてエンジョイしていることがとても羨ましかった。

 明日のことを聞き、朝は11時ごろに起きるそうなので、私は午前7時に散歩に出かけると話したところ、午前8時には朝食を取れるようにしてくれるとマリーさんが合わせてくれました。感謝です。今日は、疲れたので少し早く就寝します。



posted by 中原 昭 at 01:47| 徒然日記

2016年12月03日

763 ST・Sコースカナダ修学旅行第二日目

 バンクーバー空港に午前10時、予定より25分早く到着しました。入国審査官、パスポート,税関申告書を提示して、緊張しながらも生徒は何とか英語で受け答えしていました。無事に入国手続きを終え現地のガイドさんと合流してクラス単位で午前11時30分予定通りにバスに乗り込みました。
 
 ただ残念なことに天候は雨で気温も8℃ととても寒いです。

 昼食はドックカイトレストランでとりました。長時間のフライトにも関わらず、生徒は疲れを微塵も感じさせずにグループごとに談笑をしながらパスタを頬張っていました。
IMGP7953.jpgIMGP7955.jpgIMGP7956.jpgIMGP7960.jpgIMGP7961.jpg


















雨のため、車窓からギャスタウンを見学しながら、予定した聖火台での集合写真は中止となりました。

 午後3時30分からスチィーブストン缶詰工場を見学しました。

 ガイドさんの説明では、カナダ移民は1887年コロンビア州に渡った永野萬藏氏が最初とのことです。(日本は鎖国)萬藏は様々な困難の末に、ホテル業、塩サケを日本に輸出することなどの事業を起こし大成功を収めました。その後、日本人が夢を求めて移住してきたとのこと。
IMGP7962.jpgIMGP7973.jpg







IMGP7974.jpgIMGP7975.jpgIMGP7976.jpgIMGP7981.jpg















 ヒルトン・バンクーバー エアポートに午後4時10分に到着。スーツケースを部屋の置いて午後5時40分会議室に集合し「キャリア講話」を受けました。
 IMGP7988.jpg






 講師はブルーツリーマネージメント 岡本祐明先生
<講話内容>
・自己紹介とは?
・海外の経験
・グローバル化とは何か
・海外での仕事
・どうやって英語を身につけたか
  英語はコミニュケーションの道具  下手でもいい、単語を並べてもいい・・・でかい声で、相手の眼をしっかり見て話そう。
  国際標準を知ること  
  日本の常識は?世界ではとてもユニークな国。
  論理的に説明できること
  becouseの癖をつけよう。
  英語脳にするためには・・・・
  英語を英語で返す訓練をすること。

IMGP7987.jpg








 答えは一つでない。自分のオリジナリティーを生み出すことなど貴重な経験を聞かせて頂き、生徒は真剣にメモを取っていました。疲れていたのか、質問が少なかったのが心残りに感じました。

 その後、バイキング形式の夕食を食べ午後10時に消灯しました。

posted by 中原 昭 at 14:37| 徒然日記

2016年12月02日

762 ST・Sコースカナダ修学旅行第一日目

 日立シビックセンター前に大変スムーズな集合で予定より10分程度早く11時50分に出発しました。
 見送りには、小野理事長、矢野副校長、JTB柳沢支店長をはじめ多くの保護者の皆様がいらっしゃいました。
バスの運行も交通渋滞もなく予定より20分ほど早く成田空港に到着しました。

 参加生徒91名は大変元気です。到着後の出国手続きも大きなトラブルもなく75番ゲートに到着しました。
JAL18便18:40を待ちながら、生徒はショッピングなど自由時間を楽しんでいます。
IMGP7939.jpgIMGP6329.JPG








 8時間45分のフライトを楽しみ、現地時間10:25(日本時間12月3日深夜03:25)に到着する予定です。
posted by 中原 昭 at 16:37| 徒然日記