2016年11月20日

761 第95回全国高校サッカー選手権県大会準優勝

 第95回全国高校サッカー選手権県大会の決勝戦が19日(土)県立カシマスタジアムで鹿島学園と行われました。結果は、1対1のまま延長戦に突入しましたが決着がつかずPK戦となり、3対5で惜しくも連覇の夢は消えました。
CIMG0431.jpgCIMG0425.jpg






 試合は小雨が降る中、午後1時キックオフ。試合開始は相手にボールをコントロールされ厳しく攻め込まれ、12分にペナルティー付近でフリーキックを与えてしまいました。鹿島学園のストライカー上田君に絶妙なシュートを右隅ゴールポスト内に決められました。前半は相手のボール支配率が高くやや劣勢で後半となりました。
CIMG0424.jpgCIMG0426.jpg






 後半になり我校のパス回しが良くなり、再三、相手陣内に攻め込みリズムが上がってきたなと感じて観戦していたところ、60分荒井君のシュートで同点ゴール。小雨の中、応援団、チアー、吹奏楽部や2時間目まで授業をしっかり受けてからスクールバスで駆けつけてくれた野球部を中心に運動部応援がひときわ大きな歓声がスタジアムを熱くしてくれました。その後、小磯君、小野崎君、松本君を投入し押し気味に試合の主導権を取っていましたが、鹿島学園の粘り強い守備を崩せずに虚しくもホイッスルがなりました。
CIMG0437.jpg






 今年は、関東大会、インターハイ等では、自分たちのサッカーが出来ずに悔しい思いをしてこの大会に臨みました。よくぞ決勝戦まで勝ち上がり、強豪鹿島学園をあと一歩のところまで押し込めた選手諸君を誇りに思います。そして選手権連覇の夢を見させてくれて感謝しています。ありがとう。3年生諸君、本当にお疲れ様でした。1・2年生諸君は、この悔しさをバネに次なるステップに進むことを期待します。
 肌寒く小雨の中、応援に駆けつけていただいた父母会、保護者、明秀学園日立高等学校関係者の皆様に心から感謝申し上げます。有難うございました。
CIMG0421.jpg







<追伸> 試合前日に、キャプテンDF武藤淳君、FW大野拓朗君、DF前川翔悟君たちが挨拶に見え「相手がどこでも明秀日立のサッカーを貫くことがその先に繋がります。」と真顔で決意を語ってくれました。
posted by 中原 昭 at 09:58| 徒然日記

2016年11月17日

760 電子黒板活用した校内研修

 中間試験の二日目に電子黒板活用した校内研修を午後1時30分から実施しました。今回は、有志が日頃IWBで授業している生徒の内容を英数国の先生が15分の持ち時間でプレゼンをした後、参観者との意見交換をする形式で展開しました。模擬授業担当者は3名の以下の先生です。
◎国語は陰能先生 ◎数学は枝並先生 ◎英語は高橋先生
質問 学力向上につながっていますか。
CIMG0415.jpg







・IWBを導入して期間が短いので、生徒の正確な学力向上の分析まではいかないが、中間試験や模試等は学力が向上していると実感している。理由は、問題等をPDF化できるので板書の時間が少なくなり、生徒が聞く時間や考える時間や問題を解く時間が増えますので効果が大きいと思います。
・授業スピードがあがり、振り返り時間も増すのでその点でも生徒の学力が向上していると考えます。
CIMG0414.jpg








IWBを利用したアクティブラーニングについて
 高橋大先生の発表内容(概略)

T アクティブラーニングへの取り組み(C英語)
U 授業での実例
 IWBの実用例
T C英語での取り組み
  思考力・会話表現の強化A楽しく学ぶ環境作り
@ペアワーク  5分〜7分、ペアはたえず変える。
○授業内容の例;・単語チェック・スペルチェック
・様々なReading methods, Speaking Activities
U 授業での実例
・Credits roll・・・レベルに合わせて読むスピードをコントロールできる。「読める」を実感させる。

・Speed Reading
 ねらい
•多彩な映像効果や、ペアと競争させることで、集中力を維持できる。
•「その熟語知ってる!」このような機会を増やせる。
•外国語を目で追うスピードが上がる。

Short Speech
 ねらい
・生徒が興味関心のある話題について、動画や写真で手早く伝えることが出来る。
・listenerも一緒に考え、話題を展開させる。

○アクティブラーニングの目指す方向性
・語彙力・表現力を養い、自由に考える経験をさせる。
・自ら調べ学ぶ。
・ペアワークや授業を仲間と共に学べる環境を整える。
・自分の意見を伝える。また他人の意見を聞き議論をする。→様々な課題について協力して解決する。

米 情報管理課から自発的にIWB校内研修の発案がなされ、試験期間の午後にもかかわらず1年2組の教室が満席で立ち見の先生もいました。今の明秀日立高校教職員の前向きな姿勢が生徒への指導にも結びついている実感をうけました。
posted by 中原 昭 at 15:22| 徒然日記

2016年11月15日

759 第95回全国高校サッカー選手権茨城県大会準決勝 勝利する。

 第95回全国高校サッカー選手権茨城県大会の準決勝戦が13日(日)カシマサッカースタジアムで準決勝戦が行われました。対戦相手は鹿島高校です。
CIMG0397.jpgCIMG0394.jpg





 
 本校はフィールドを広く使い攻守においてバランスよく試合を作りました。鹿島高校の素早い攻撃にも、ディフンス陣やGKの判断も素晴らしく、全員で良く守り双方得点することが出来ず延長戦に突入しました。延長戦では、自陣ゴール前で積極的な守備でファールを犯してしまい鹿島高校にPKを決められ先取点を取られてました。
CIMG0400.jpgCIMG0391.jpg






 しかし、気落ちすることなく攻め込み前川君のキックしたボールが相手選手に当たりオウンゴールで1対1の同点としPK戦に突入しました。PK戦は、ハラハラドキドキしながらも4対3で勝利しました。
 休日にもかかわらず、保護者・教職員も多数応援に駆けつけてくれました。また、応援団、チアガール、そして、同じ運動部を応援しようと野球部・女子ソフトボール部が一際大きな声援を送り仲間を鼓舞している姿勢にチームワークの良さを感じあったかい気持ちになりました。

今週の19日(土)、鹿島学園と決勝戦を同じ会場で午後1時キックオフとなります。応援よろしくお願します。
posted by 中原 昭 at 09:15| 徒然日記

2016年11月08日

758 北茨城市・日立市・高萩市に表敬訪問 

 過日、プロ野球球団の横浜ベイスターズからドラフト会議で指名をうけた細川誠也君は地元北茨城市在住でもありますので市長表敬をいたしました。豊田市長は良く来たなと満面の笑みで私達を迎えていただき「親孝行を第一に考えなさい。プロは厳しいが人の2倍・3倍努力しなさい。将来は筒香選手と3番4番になれる選手になってください。・・・」など具体的で心温まるお言葉を細川君にかけていただきました。
 DSC_0041.JPG







 ご丁寧に本日、北茨城市教育長松崎様、教育委員会生涯学習課長兼国体推進室長鈴木克彦様が来校してくれました。副校長矢野と共に応接しました。お二人から、「県北地区の活性化のために文武に更に磨きをかげていただきたい」と激励されました。
IMG_0073.JPGDSC_0032.JPG







 尚、先月10月25日日立市市長表敬訪問、26日高萩市市長表敬訪問も大歓迎を受けました。遅れましたが写真を掲載してお礼とさせていただきます。ありがとうございました。
DSC_0015.JPG





 高萩市市長表敬訪問では、沢山の職員が正面玄関前に出迎えていただき感激したことを追記します。

posted by 中原 昭 at 16:15| 徒然日記

2016年11月05日

757 バーンサイド高校とフレンドシップ実施 

 昨年創立90周年記念事業の一つにオーストラリアクィーンランド州にありますバーンサイド高校とフレンドシップ提携を結びました。今年がその初年度であり本校を代表して佐川響さん、藁谷采未さんが10月9日から11月5日(土)28日間、ホームスティーをしての短期留学をし本日帰国しました。
 まだ、当人とお会いしていませんので出発前の決意とバーンサイドのダン校長から留学中にメールを頂いた中に添付されていた写真を紹介します。
 また、帰国してからの彼女たちの成長を折に触れて紹介する機会を与えたいと考えています。
IMG_9270.jpg






◎佐川響さん
・まず楽しんで行く事を第一に考えています。(健康管理)
・日本では学べないような“ダンス”や“演劇”など様々な事を経験したと思います。
・理解していただき送り出してくれた両親に感謝し、十分に語学が使えない中でも、積極的にコミニュケーションをとり、ホストファミリーの方と沢山の思い出をつくりたい。
・お手伝いをしながら、語学力を身につけたい。
IMG_9256.jpgIMG_9277.jpg








◎藁谷采未さん
・今の私は、将来の夢が漠然としていますので自分発見をしてみたい。
・学校代表として参加ができたので、帰国後は様々な機会を通して留学経験を在校生に還元したい。
・オーストラリアの自然を体感したい。

posted by 中原 昭 at 11:44| 徒然日記

2016年11月01日

756 第69回全日本バレーボール高等学校選手権大会茨城県予選会(女子)祝3位

 10月29日(土)、30日(日)、ひたちなか市総合運動公園総合体育館にて、春の高校バレー、第69回全日本バレーボール高等学校選手権大会茨城県予選会(男女)が2日間に亘り開催されました。男女共に地区大会を勝ち上がった8チームです。
IMGP7866.jpgIMGP7865.jpg






 本校は戸澤監督率いる女子バレーボール部が出場し、1回戦水戸商業高校と対戦しました。相手のアタックも良く苦しみましたが、27−25、26−24で2セットをものにして準決勝戦に勝ち上がりました。対戦相手は日立二高です。
DSC_0009.JPGDSC_0087.JPG






 日立二高は全校応援でギャラリーの9割を占めての大声援でした。この大声援に飲まれたのか本来のバレーが発揮できずにストレートで敗れてしまいました。しかし、県3位は立派な成績で私は心から皆さんの健闘に拍手を送ります。今日の日を迎えるまでの厳しい練習に耐えてきた皆さんに勝ってほしかったのも本心です。これまでのバレーボールで仲間と切磋琢磨してきたことは今後の人生の糧になると確信しています。3年生の皆さん3年間本当によく頑張ってくれました。お疲れさま。
DSC_0099.JPG






 1・2年生は、新チームとして目標を明確にし新たなスタートを切って頂きたい。期待しています。
 優勝は男子,霞ヶ浦高等学校,女子,土浦日本大学高等学校でした。両チームは1月に東京都で開催される全国大会に出場します。茨城県代表として立派な成績を挙げることを祈念します。
posted by 中原 昭 at 10:21| 徒然日記