2017年12月12日

828 カナダ修学旅行13(水)時間がー17時間戻り最も短い1日

12/12(火) (カナダ時間)
 気温4℃ 快晴です。
 現地の方に話ではこんなに快晴なのが12月に続くことはないそうで、「ラッキーだ」といわれました。 

7:00起床
7:15朝食:ブッフェ形式(朝食会場2階)
 3組・4組 7:15 / 1組・2組 7:30
 ・部屋に戻り出発準備
 ・ホテル出発前にトイレを済ませておく
 ・各自すべての荷物を持って部屋を退出
 ・忘れ物が無いか再度確認する(特にパスポート)
 ・フロントでルームキー返却
IMGP9324.jpg




8:45
バンクーバー市内
9:00
●クラスごとにバスに乗車・出発
IMGP9326.jpg




IMGP9328.jpg




IMGP9331.jpg




バンクーバーに入国初日は、霧で街並みがほとんど見えませんでしたのでガイドさんが粋な計らいでカナダプレイスでほんの少し停車して頂き景観を楽しみました。朝なので空気がとても新鮮でした。

「OKギフトショップカナダ」にてお土産購入

9:30
●クラスごとにバスに乗車・出発
10:00
バンクーバーターミナル内
国際空港へ移動
○各自チェックインカウンターにて航空券、パスポートを提示し、荷物を預ける。
○荷物引換証を受け取り、再度集合する。

出国手続き※出国手続きの流れ
セキュリティーチェック
○ポケットの中の金属類(鍵、小銭、携帯電話等電気機
 器類)はあらかじめ手荷物のバッグに入れておく。
○搭乗券を係員に提示
○セキュリティーゾーンでは必ず係員の指示に従うこと。
※カナダでは出国審査はないため、セキュリティーチェックが終わったら搭乗ゲートへ移動する。

今現在は、生徒全員、出国手続きが無事に終わり空港内で最後のショッピングを楽しんでいます。

搭乗ゲート前集合(搭乗ゲート;70番ゲート)
米 これで、「徒然なるままに」のブログUPは終わります。
以下は、「しおり」の時間を記載します。


○搭乗開始になるまではゲート付近にて待機。

搭乗開始12:30
○搭乗券とパスポートを係員に提示して機内へ。
○搭乗後に時計を17時間進める。(時差日本時間+17時間)
12:55 (カナダ時間)
バンクーバー出発
○成田に向けて出発(所要時間10時間30分)
JAL17便日本時間(機内食事サービスあり:離陸後の約1時間後に夕食)

※ 約2時間前に朝食
(飲み物は無料サービス、好きな物を注文してよい)
○機内での案内表示について
「ベルト着用サイン」:Fasten Seat Belt
「トイレ使用中」:OCCUPIED
「トイレ空き」:VACANT
※到着前に税関申告書の署名記入を済ませておく。

13日(水)
16:25(日本時間)
成田空港
○成田空港到着後、添乗員の誘導にて入国審査へ。
第2ターミナルカナダ時間○ARRIVAL(到着)の表示に従って進む。
入国審査
 「日本人」と表示されたカウンターに並ぶ。
○赤い線の所に並び、自分の順番が来たら係官にパスポートを提示。
 スタンプを押してもらい、パスポートを受け取ったら
 荷物受取所へ進む。搭乗機の便名が掲示されたターン
 テーブルへ移動。
 ↓
荷物(スーツケース)受け取り
○ターンテーブルで自分の預けた荷物を受け取る。
 ↓
税 関
○税関では、手荷物の検査を正しくスムーズに行う為、検
 査台を「免税」(免税範囲を超えていない場合)は緑、「課
 税」(免税範囲を超えている場合)は赤に色分けしている。
○免税範囲を超えていない場合は『緑』に進み、係官に
 パスポートを提示する。
○出口手前で待機している係員にパスポートを提示。
 ↓
空港到着ロビー
○そのままバスへ移動。
○スーツケースをバスに積み込む。

17:30(日本時間)
成田空港成田空港出発。
第2ターミナル
(途中、トイレ休憩1回)

20:00(日本時間)
日立シビックセンター到着後、解散。
※ 何事もなく順調に来た場合の予定時間です。
保護者の皆さん、生徒のお出迎えよろしくお願いします。
posted by 中原 昭 at 17:09| 徒然日記

2017年12月11日

827 修学旅行 11日(月) 

2/11(月)
6:30
ホストファミリー
各家庭にて集合場所へ。・すべての荷物(特にパスポート)

IMGP9298.jpg







●ヴィクトリアシタデル
(ホストファミリーとお別れ)

7:30
◎学校交流プログラム
学校交流はSTは石川が代表・Sは私が代表
@7:50 STコース:@Stelly's Secondary School

A8:00 Sコース :AParkland Secondary School

IMGP9286.JPGIMGP9297.jpg







バディと対面しウエルカムセレモニー会場へ
@8:00【ウエルカムセレモニー】
A8:10
@ウェルカムスピーチ
Aサンキュースピーチ
IMGP9315.jpg





急遽、パークランド学校での印象を率直に日本語で話した内容を、高橋(米国で20年生活)が実にうまく翻訳してくれました。英語の能力以上に、人間的に素晴らしさを感じました。


Bギフト交換(学校間)
好文亭の米人形を贈呈  

C生徒代表あいさつ
IMGP9314.jpg









8:30
バディとクラスに移動(午前授業参加)
11:30
午前授業終了
12:15
※バディと一緒にランチタイム。バディとクラスに移動(午後授業参加)
IMGP9305.jpg





IMGP7990.jpg






IMGP9307.jpgIMGP9313.jpg







弘道館で6年間修業。6段の腕前の先生(東京オリンピック岡野先生の愛弟子)です。柔道が正課として取り入れられ、世界各国の留学生が学んでいました。柔道は、心の鍛錬でもありカナダでは大変人気があるスポーツです。



14:30
午後授業終了
14:40
●クラスごとにバスに乗車・出発

15:00ブッチャードガーデン見学

16:00●クラスごとにバスに乗車・出発

シュワルツベイ
16:20フェリーターミナルにて乗船準備
17:00フェリーにてバンクーバーへ

ツワッセン
18:35フェリー到着後、専用車にて移動
●クラスごとにバスに乗車・出発

夕食
19:20市内レストランにて夕食
IMGP9322.jpg






IMGP9320.jpg






●サプライズがあり、修学旅行期間に誕生日を迎えた2人の生徒に対し、全員で「ハッピー バースディ」の大合唱からスタートしました。
●実行委員の苦労に対し、日本旅行の河合支店長から、「特に実行委員の皆さんがいろいろアイデアを出し手くれたお蔭で、今回の旅行が実り多いものになり言葉では感謝しきれない・・・と熱く語られた手紙とプレゼントを実行委員20名に手渡されました。私は目頭が熱くなりました。」
<20名の名前は、時間の関係で省略します。>
●石川先生からは、119名全員が一人も欠けることなく全行程を遣り切れたこことが「まさに学校賞である」と生徒一人ひとりを褒めたたえました。全員の心を掴み生徒には心の深くに記憶されたこととと思います。
●最後に阿部君が日本旅行のスタッフに謝意を表し、拍手喝采に会場が包まれました。

こんなに温かい、心が一つになった修学旅行の結びに私は初体験で感動しました。
ご苦労された引率の先生方に心から感謝します。

あと1日ありますので気を引き締めて修学旅行を終えましょう。







IMGP9320.jpg




ホテル到着



23時 消灯(明日に備えしっかりと休むこと)
※パスポート、ポーチの管理
posted by 中原 昭 at 21:37| 徒然日記

2017年12月10日

826 カナダ修学旅行 10日(日)

12/10(日)
 ホームステイファミリーと終日過ごします。(活動内容を記録)

 今日も朝の気温は4℃です。快晴の予報。
(時間の経過を追って報告します。)
IMGP9236.jpg





 何人かのホームステイファミリー宅を訪問予定。また、生徒が立ち寄りそうなショッピングの店に行く予定です。(生徒と会えることを期待)
IMGP9237.jpg
ショッピングストアで川和君と金沢君に会うことが出来ました。




IMGP9246.jpg





◎午後3時にヴィクトリアシタデルにてパーティー〜(サンクチュアリールーム)
IMGP9264.jpgIMGP9249.jpg







【フェアウェルパーティー】
   @団長あいさつ
   A生徒代表あいさつ
IMGP9261.jpgIMGP9248.jpg







   Bパフォーマンス
実行委員を中心にダンスを披露し喝采を受けていました。すべて生徒主体の運営で生徒が生き生きしてい  ます。何人かの生徒から「ホームステイ―の期間が1週間あると良いのに・・」と笑顔で答えてくれま  
  した。先生方の指導の賜物と関心しています。
   C歓談タイム
   D生徒お礼あいさつ
    日下暉大君のスピーチは発音も物怖じせずに発表してくれました。大変感動しました。

午後5時 班長会議
 班長会議後、ホストファミリーと一緒に帰宅
IMGP9267.JPGIMGP9268.JPG









IMGP9279.jpgIMGP9274.jpg









 私は、最後に橋浦先生のホストファミリーのトニーさんと「フェアウェルパーティー」でお会いし、「今日クリスマスパーティーをするので是非に家に来てほしい」と言われお言葉に甘え、トニーの家に行きました。 大変立派で、半地下には、バーがあり・ビリヤードのあります。
奥様が大きなグリルで七面鳥(7時間約の調理)を焼いてくれました。食事は、一流レストランのようで、楽しいひと時を過ごすことができました。日本びいきなのは、学位授与は九州大学で受けカナダで弁護士をしています。お綺麗な奥様と二人のお嬢様がいる映画になるようなご家庭です。


※ホームステイ最終日です。
 (スーツケースの整理は夜にしておいてください)
posted by 中原 昭 at 23:23| 徒然日記

825 カナダ修学旅行 9日(土)

12/9(土)
ホームステイプログラム
 週末ホストファミリーと過ごす。(生徒の皆さんは活動内容を記録。)

午前8時 本部先生と日本旅行添乗員から、昨晩も今朝も問題なしとの報告に安堵しました。私達も週末なのでそれぞれの計画で行動します。万一、トラブルがあった場合は、いつでも対応できる体制は取っておきますので保護者の皆様には安心してしてください。

 気温は朝6℃です。お昼頃には10℃になる暖かさで快晴の予報。
IMGP9174.jpgIMGP9176.jpg






 生徒の皆さんは素敵な週末をエンジョイすることを願っていまっす。先生方もエンジョイしてほしいと思っています。
午前10時にインフォメーションセンターに出向き情報取集をしました。土曜日なので公共機関・学校等が休みですので現地のガイドさん頼みにでお願いすることにしました。
IMGP9184.jpgIMGP9178.jpg






現地ガイド高野さんの知り合いで「アウラ ホテル」でシェフをしている日本人のITO氏と会うことができました。海外に来て成功した体験談を聞かせていただきました。ITO氏の言葉を引用すると「自分が何者であるかを知るために、カナダに何となくきてヒッチハイクをしながら大陸横断をしたそうです。大学時代は法律を学んでいて「料理」は門外漢。
 多民族のカナダで成功するためには「個性」「向学心=今より優れたものは何か・・の二つは日本人なら誰でも兼ね備えています。そのことを諦めずにトコトン追求することではないか」と自信に満ちたITO氏から私は受け留めました。料理長と責任ある立場になると「教えを乞うものに対し、何故できないのかを一緒に考えるうちことにより、次第に依頼を勝ち得て今に至ったそうです。自分の可能性は自分では案外と気が付かないことが多いので、固定観念を持たずに若者には一歩を踏出してみることが大切では・・」と語ってくれました。 厚かましい要求に、多民族の仲間と仕事をしている料理の裏方まで案内してくれました。カナダ人、中国人、インド人、台湾人などいろいろな方がITO氏を慕っている職場を見せていただき実感が伝わりました。
IMGP9187.jpgIMGP9197.jpg






 午後1時から私は「WHALE WATCHING」を体験しました。約3時間の船旅です。12月なのでクジラを見ることはできませんでしたが、「オルカ」を見ることが出来ました。オルカは、人間と同じくらいの身長170センチほどです。地球上には約800万年前から生息し、一度陸に上がったが再び海で生息した動物です。主に鮭ををエサにし集団生活を好み大変賢い動物だすです。。オルカを見ていると人間社会の愚かさを感じます。大自然の営みが永遠に続くことを切に祈れた至福の時間を過ごせました。感謝、感謝。
IMGP9214.jpg






 夜は先生方と台湾料理を頂きました。
IMGP9225.jpg






 ブッチャー公園のイルミネーション 実に壮大で美しかった。橋浦先生がホストファミリーと鑑賞に来ていました。







ホームステイ中の連絡について
 ホームステイ中に連絡が必要な事項が生じた場合は
 下記緊急連絡先にかけてください。
@GREEN TOURS VICTORIA
 TEL:250−655−9481
 ※日本語の担当者もいます。

A日本旅行カナダバンクーバー支店
 TEL:1−800−665−5520
 (24時間対応フリーダイヤル)

B現地本部連絡先
 TEL:
 添乗員が24時間携帯しています。

@〜Bの順番で対応すること。
★急を要する場合は各自判断をお願いします。
連絡する場合は必ず学校名とお名前を伝えること。命に影響ない場合は、自分の力を信じて問題を乗り越えてくれることを期待しています。





posted by 中原 昭 at 02:47| 徒然日記

2017年12月08日

824 修学旅行8日(金)一日のスケジュール(1日41時間)

12/8(金)
昨日は、霧のために車窓からの景観が良くなかったのですか、霧は霧で味わいがありました。長旅の疲れもありましたが、夕食は全員が完食し今のところ、具合の悪い生徒はいませんので保護者の皆様、安心してください。朝は、今日の1日のスケジュールをブログにUPしておきますが、生徒の様子を写真に収めてこの中に徐々に掲載します。

 昨夜は、静岡県にあります星稜中学・高校教頭下村先生とホテルでお会いしました。偶々修学旅行の下見に来ていまして、本校のホームスティ型の修学旅行や本校の学校改革及び2020年度の教育の方向性について熱心に尋ねてきましたので1時間程度教育談義をしました。どこの学校でも課題は同じです。ただわが校は、文部科学省でしていることに、オリジナリティーを加味して学校運営をしていることを話し共感を受けました。このオリジナリティーを生み出すことが大変難しいと感じたようです。このご縁を大切にしていきます。若いELTの方の真摯な態度に私学の明るい未来を感じました。真剣に考えている先生がいます貴校を訪問したくなりました。

ホテル6:15起床
体感温度 ―1℃ 曇 雨は降らない予報です。一日霧でした。
全員元気に時間を守り朝食をすませました。
 スーツケースの荷物は、チェックアウトより前に預けますので、荷物の整理は早めに済ませる。
IMGP9120.jpgIMGP9121.jpg








7:00朝食:ブッフェ形式(朝食会場 1階)
 1組・2組 7:00 / 3組・4組 7:15
 ・忘れ物が無いか再度確認する(特にパスポート)・フロントにルームキー返却

8:15 予定通りチェックアウトしてこれからバスに乗り込みます。

●クラスごとにバスに乗車・出発
スタンレーパーク着
8:30クラス写真→公園内見学
IMGP9122.jpg






出発9:30スタンレーパークより選択コース
@バンクーバー水族館9:40
9:40〜11:10 バンクーバー水族館(各自)→11:10 水族館発→フェリーターミナル
Aロブソンストリート9:45 
9:45〜11:15 ロブソンストリート着(自由行動)→11:15 ロブソンストリート発→フェリーターミナル
Bグランビルアイランド

9:45グランビルアイランド着(自由行動)→11:15 グランビルアイランド発→フ
ェリーターミナル
私は、有田先生とBの引率となりました。
IMGP9126.jpgIMGP9133.jpg







日本のスーパーには見られない果物がたくさんあり、イチジクのドライフルーツを購入。現地人から胃腸に良い食べ物だそうです。





Cノースバンクーバー9:50
9:50〜11:15 ロンズデール・キー着(自由行動)→シーバス発(ロンデール・キー)→シーバス着(ウォーターフロント)→11:15 ダウンタウン出発→フェリーターミナル
IMGP9138.jpg






●ツワッセン12:20フェリーターミナルにて乗船準備
13:00フェリー出航(ヴィクトリアへ)
 船内にて各自ランチ($13を配付します。船内の売店にて自分で注文)
私は、チャウダースープとサンドイッチを食べました。約$15
シュワルツベイ14:35ヴィクトリア到着
 下船後、専用車にて移動
ヴィクトリア15:30シーニックドライブ(車窓)ビーコンヒル公園(車窓)マイル
ポイント(下車)ロイヤルBC博物館(車窓)



IMGP9143.jpg
州会議事堂の前で写真撮影






エンプレスホテル(車窓)
17:30 Douglas Street.
会場:Victoria Citadel-Sanctuary Room




IMGP9149.jpgIMGP9151.jpg







IMGP9146.jpg
国道1号線のスタート地点



ホストファミリーと対面→ホームステイスタート

生徒代表挨拶;加藤木君が素晴らしい発音で挨拶をしてくれました。
 
 119名全員がホストファミリ―と初対面をしました。
 緊張した生徒が多く見受けましたが、週末をホストを引き受けて頂いた方と過ごす内に文化や習慣などを学び、3日後に再会する生徒の変化を楽しみにしたい。

 ・挨拶をしっかりする ・家の手伝いをしっかりする・意思表示が大切・長時間のシャワーは避ける・ファミリーとの団欒を楽しむこと・就寝前に起床、朝食、出発時間の確認をする・部屋のドアは基本は開けておくこと ・分らないことはホストファミリーに確認すること。
IMGP9164.jpg







●家庭に着いたら電話を借りて本部先生へ報告する。(連絡網の確認)
 
 午後8時40分には、119名の生徒から本部待機の先生や添乗員さんの携帯電話に無事についている連絡が入り一安心しました。明日は、土曜日なので先生方も自由に過ごします。ただし、万一に備え携帯を所持しいつでも対応出来るように意思統一してミーティングを終えました。本部は石川、高橋、私の3人です。
中村・永井・有田・橋浦先生方は、生徒同様ホームステイに入りました。
posted by 中原 昭 at 23:12| 徒然日記

823 カナダ修学旅行8日、無事にホテル到着


●成田空港出発18:40○バンクーバーに向けて出発(所要時間8時間45分)
JAL18便 機内食事サービス。日本時間午後8時
IMGP9086.jpgIMGP9091.jpg






牛肉のすき焼き又はグラタン
機内エンターテイメントサービスの映画や音楽など観て楽しんでいました。
IMGP9096.jpg






バンクーバー10:25(カナダ時間)バンクーバー国際空港到着。
IMGP9095.jpg






入国審査官にパスポート、税関申告書を提示。
 審査官に聞かれる質問例 ⇒ 回答例
 ・カナダに来た目的 ⇒ sightseeing(観光)・滞在日数 ⇒ 6days(6日間)・滞在場チュリープラザホテル
 パスポート・税関申告書を受け取ったら入国審査は全員無事に終了。
○22番のターンテーブルで自分の預けた荷物を受け取る。
○トイレを済ませておく。
○現地のガイドと合流。バスへ移動
バンクーバー国際空港出発11:25
●クラスごとにバスに乗車・出発
ブリティッシュコロンビア(UBC)大学着11:55

IMGP9103.jpgIMGP9104.jpg








UBCキャンパスツアー UBC在学生に大学内の案内を受ける。
BOXランチの昼食をとる.

各クラス
カナダプレース
15:15
オリンピック・チャイナタウン・聖火台(車窓)・ガスタウン(車窓)・体験
霧のため聖火台(車窓)・ガスタウン(車窓)は見学できず残念でしたが、体験の「フライオーバー」は4Dの映像でカナダの雄大な景観がジェット機に乗って高速で低空飛行の感覚で迫力満点でした。十分に楽しめました。
IMGP9111.jpg








●ホテル到着17:30(各自スーツケースを持って入室。夕食まで部屋にて休憩)
自由時間;多少の疲れはあるものの、全員指定の部屋で休息。
夕食19:00 ホテルにて夕食。
 今日はここまでの報告とします。
posted by 中原 昭 at 11:36| 徒然日記

2017年12月07日

822 修学旅行初日

IMGP9079.jpgIMGP9081.jpg








 バンクーバーはジョージア海峡の突き出た半島にあり、トロント、モントリオールに次ぐカナダ第3の都市。カナダ西海岸の都市としては最大規模です。アジアやアメリカからカナダへ入る際の西の玄関口です。海に面して広がるバンクーバーの町は、三方を雄大な山々に囲まれた、自然と共存する都会、豊かな緑を背にしたダウンタウンには高層ビルが林立しています。BC州の州都ヴィクトリアは、カナダでも特に温暖な気候に恵まれて1年を通して過ごしやすい街です。歴史的な背景から英国の影響が色濃く残る街並みには花が溢れ、別名ガーデンシティとも呼ばれています。その穏やかな気候と優雅なライフスタイルに憧れて、カナダ人には最も「いつか住んでみたい場所」として1位の人気を誇ります。

IMGP9087.jpgIMGP9089.jpg








12/7(木)修学旅行1日目
今日は一段と冷え込んで気温は7℃です。
●日立シビックセンター12:15生徒集合(・パスポート、スーツケース鍵の確認。
 ・スーツケースはバスのトランクへ積み込む。・バス内にて点呼)
119名全員、遅れることなく元気に集合しました。
  
12:15日立シビックセンター出発。クラス毎にバス乗車。予定変更し高速道路をしようしましたので予定時間よりかなり早く到着しました。午後3時前。
 ●成田空港15:00
○3階出発ロビー到着(第2ターミナル)各自スーツケースを持ってターミナル内へ移動。
○各自チェックインカウンターにて航空券、パスポートを提示し、荷物を預ける。
再度集合する。(スーツケースを預ける。)
搭乗券 75ゲート  搭乗時間18時20分
今日は41時間と生徒にとっては人生で最も長い1日をこれから味わいます。

posted by 中原 昭 at 16:39| 徒然日記

2017年12月06日

821 修学旅行の結団式


 昨日、修学旅行結団式が多用途ホールにて実施されました。ST・Sコース119名全員参加での修学旅行となりました。行事等は、出来る限り生徒主体にした運営で、今回も修学旅行実行委員が司会進行して進めました。
IMG_9937.jpg






 決意表明は2年1組阿部君が代表して「119名全員が主体的に行動し、異文化を一人ひとりが課題に対ししっかり向き合い乗り越えて多くの学びをして帰国します。明日は笑顔で全員が集合することを約束します」と堂々と立派に宣言してくれました。頼もしく感じました。

 私から「これまで事前準備をしてきた修学旅行が明日からスタートします。皆さんの中には、ワクワクした気持ちとどんなに準備しても不安を感じているかと察します。修学旅行に参加できることが「当たり前」としか感じていない生徒もいるかと思います。保護者の皆さんの理解と援助があってのことであり、また、皆さんが心身健康なこと。また、修学旅行実施計画を準備してくれた諸先生、日本旅行スタッフの協力があってのことです。119名一人もかけずに全員参加は大変素晴らしいことです。このような環境を整えられたことに感謝します。
IMG_9899.jpg







 カナダの修学旅行は、科学技術の急速な進展にあるからこそ、特に五感(目,耳,鼻,舌,口)を研ぎ澄ますこと。日本にいるときと違い、不自由なこと、不便なことを体験しながら自分自身を見つめる機会になることを願っています。是非、皆さんの中に眠っている「良い遺伝子がON」になることを期待します。
 若いうちに異文化の体験は、きっと生涯の財産になるはずです。それも皆さんの心がけ次第です。「楽しい」受動的修学旅行でなく、「楽しむ」能動的な修学旅行にして下さい。
規律を守り,節度をもったうえでの自由を満喫しながら,この修学旅行が意義のある思いで深いものとなることを願って私の話は終わります。
 
 STコース主任から、具体的で適切な説明があり、特に緊急時の対応の確認をしました。私は研究授業に参加するため、途中で退席しました。前回の保護者会で約束したブログは、できる限り修学旅行期間は毎日、気づいたことを徒然なるままにUPします。安心安全を心掛け、生徒をしっかり引率団でサポートしますので安心してください。生徒の自立のためにも修学旅行期間中はライン等の連絡はご遠慮してください。(自立を養成する目的)
 宜しくお願いします。
posted by 中原 昭 at 09:22| 徒然日記

2017年11月20日

820 祝・第96回全国高校サッカー選手権茨城県大会優勝

 サッカー部が、第96回全国高校サッカー選手権茨城県大会の頂点に立つことができました。優勝おめでとうございます。今年のチームは、堅守からの多彩な攻撃でチームバランスがとれている感じをうけました。また、ピッチに立つ選手の体が鍛え上げられ研ぎ澄まされカッコ良く映りました。
IMGP9054.jpgIMGP9055.jpg





第96回大会は、県内の1次予選を突破した26校とシード校15校の41校で全国大会の出場権を競って10月21日に開幕、昨日19日が決勝戦の日程で熱戦が展開されました。
 本校は、2回戦総和工業高校に10対0、3回戦佐和高校に9対0、4回戦水戸工業高校に4対0、準決勝鹿島高校に2対0、昨日の決勝戦水戸啓明高校に2対0で勝利し優勝を獲得しました。
IMGP9061.jpgIMGP9062.jpg






 昨日の決勝戦は全校応援とし,バス19台でカシマスタジアムに乗り込みました。サッカーは12番目の選手としてのサポーターが大切とよく言われます。ピッチに立てなかった選手がスタジアムの通路で応援練習している姿に熱く燃える気迫を感じ今日はやってくれると直感しました。
IMGP9063.jpgIMGP9065.jpg







 決勝戦の試合は、水戸啓明のスピードとテクニックに前半は主導権を握られましたが、しっかり守り相手にスキを与えないしぶとさを発揮し、前半のロスタイムにフリーキックからDF高島君が見事なヘディングシュートを決めて前半を終了しました。後半は、徐々に明秀スタイルになりMF荒井君がヘディングシュートでゴールを奪い試合終了。終了ホイッスルが鳴った瞬間、選手、サポーターの歓喜にスポーツでしか味わえないものを共有しました。
IMGP9066.jpgIMGP9069.jpg






 よくぞ優勝したサッカー部、おめでとう。サッカー部を始め明秀学園を応援してくれています関係者の皆様にも心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
 サッカー部諸君には、茨城県代表として全国大会でも臆せずに堂々と明秀サッカースタイルを貫いて頂きたい。12番目の選手としてこれからも応援し続けます。よろしくお願いします。
posted by 中原 昭 at 11:59| 徒然日記

2017年10月30日

819 祝・野球部秋季関東大会報告会

 野球部秋季関東大会報告会を急遽生徒会の特別活動係が中心になり動いてもらい、本日の1時間目、全校生徒(1080名)を体育館に集合し野球部の健闘を讃える報告会を実施しました。
IMGP8928.jpgIMGP8941.jpg






 生徒会長成島君が「素晴らしい成績を挙げられ誇りに思う」と挨拶をし、私からは「この大会に4回出場のうち、3回(実力は十分にあったチーム)は初戦突破が出来ずに何か呪縛に取り憑かれているように感じていた。今回は、台風21号などの影響もありスケジュールが大幅に変更され、体調管理も大変な中、山梨学院、健大高崎、慶応高校と破り、決勝も中央学院と互角に戦い粘り強く最後まで戦い抜いた結果、僅差で破れはしましたが関東大会準優勝と立派な成績を挙げ、その戦いぶりを含め誇りに思います。全校生徒も文武において野球部の刺激を受け、各自の目標に最後まで諦めずに可能性を追求しよう。また、選抜に選ばれるような「品格」を備えた学校を目指そう。」と鼓舞しました。
IMGP8951.jpgIMGP8961.jpg







 野球部長神永からは「勝ち進むごとにチームの結束が強くなり日に日に生徒が成長する姿を目にし逞しさを肌で感じました」と報告。
IMGP8974.jpgIMGP8966.jpg






 野球部の主将増田君、細川君、池田君などが大会を振り返り全校生徒の前で堂々と報告し、在校生は聞き入っていました。
HHH.jpgIMGP8983.jpg








 急な報告会にも拘わらず、生徒会を中心にしっかり運営が出来て、自分のことのように喜びを共有できたことも評価します。お疲れ様でした。
posted by 中原 昭 at 12:16| 徒然日記

2017年10月27日

818 第70回秋季関東高校野球大会4強入り→慶応高校に大逆転で勝利し決勝へ

 第70回秋季関東高校野球大会は神奈川県のサーティーフォー保土ヶ谷球場などで10月21日(土)から開催されました。大型台風21号の影響で22日(日)が中止となり応援計画もすり合わせが出来ずにいました。
ooo.jpg







 23日山梨学院と対戦し7対3で快勝、関東大会4回出場して初の一勝を挙げることができました。長い長いトンネルを抜け出すことが出来き、呪縛から解き放されたような感じをうけました。
tttt.jpg







25日は、予定を変更し応援に駆けつけるため日立市を午前8時に出発し高速道路に乗って間もなく携帯に連絡が入り中止とのことでUターンさせられました。仕切り直しで26日の対戦となりました。健大高崎高校は、思い起こせば昨年1回戦で対戦し思わぬ大敗を喫した強豪校です。
yy.jpg







その雪辱に部員は闘志をみなぎらせての対戦となり、7対5で競り勝ち見事に関東秋季大会4強入りすることが出来ました。監督さんを中心に部員が一丸となって明秀日立の「攻撃野球」をブレずに貫いた結果だと思います。野球部諸君、本当によく頑張ってくれました。今日27日は慶応高校との対戦です。更に高みを目指すことを期待しています。
bbbb.jpg







<この写真記事>この春卒業し横浜ベイスターズのドラフト5位で入団した細川君の兄もCSで活躍し、その刺激を受けたのか弟も明秀日立のエースとして頼もしく成長を遂げています。

追加
<速報>大逆転で決勝に進出です。おめでとう。

明秀学園日立(茨城1位)
120 000 004 =7
100 000 030 =4
慶應義塾(神奈川2位)
 ※ 9回明秀日立、8番北野の逆転タイムリーと1番増田のだめ押しツーランホームランで一挙4得点で大逆転。

  明秀学園日立高等学校関係者の皆様の心温まるご支援ご協力の賜であります。ありがとうございました。引き続き応援宜しくお願いします。
posted by 中原 昭 at 11:44| 徒然日記

2017年10月16日

817 明高館増築工事の起工式

IMGP8765.jpg 





 
 10月11日、午前10時から明高館増築(高萩市石滝)工事の起工式を開催しました。起工式は、土木・建築などの起工に先だち、その土地の神を祭り、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式です。工事関係者にとっては安心して工事を行うための必須の行事ですし、施主(理事長小野勝久)にとっては、その土地でこれから数十年住んでいくため、土地の神に挨拶をする大切な行事であり、生徒の安全祈願を第一に実施しました。
IMGP8769.jpg







 参列者は、高萩市、石滝団地自治会代表、PTA代表、日木産業(株)、明秀学園日立高等学校理事会、教職員代表の27名。施主の小野理事長から「工事の安全と生徒がこの明高館寮で、心身共に健康で一人一人の能力が開花でき、生涯の心の友になるような『館=道場』となることを願っています。」と締めの挨拶で無事に起工式を終えました。
 明高館の増築完成は来年の3月10日、増築定員は72名で総定員数は192名となります。
posted by 中原 昭 at 11:39| 徒然日記